Leica Q2で紫陽花寺を散歩

広角、標準、望遠、マクロのレンズ4本を持ち歩くような便利さ

紫陽花寺と呼ばれる場所に行って来ました。

天候は少し前まで小雨模様で、撮影時は多少の霧雨が降ったり止んだりで、少し高台にあるこのお寺は雲と下界の境目のような状態でした。

防塵防滴&クロップ&マクロのライカQ2の強み

防塵防滴のライカQ2のボディーだから気軽に撮影して来れました。

そして、今では防塵防滴ボディーとかレンズは増えてますが、他のカメラより優れる点がらQ2にはあると思います。

Q2の固定された安心感のある防塵防滴のボディーとレンズ一体感がありますし、
そもそもたった、一本のレンズでのクロップ撮影だから、レンズ交換時にカメラやレンズ内部に水滴、湿気が入る気遣いが無い事。

お陰で、広角から望遠、マクロまでお気軽に使えました。

しかも、荷物はコンデジであるライカQ2これ一台の身軽さ。

帰宅してからも素晴らしいのはRAW撮影でもクロップ済の状態がLightroomやAdobe BridgeのようなAdobeアプリに引継がれるので精神的にクロップ感がない取扱。

そしてライカQ2の画素数と高性能レンズなので、クロップ撮影でも十分な実用性がある。

紫陽花寺の階段
墓地の周囲のアジサイ
多分、マクロに切り替え撮影(マクロにしたか否かはLightroomでもわからない?)
白いアジサイも綺麗だった
お寺の階段脇のアジサイが濡れているのも良い

クロップ撮影のLightroomの扱い

DNG撮影が便利

DNGファイルはクロップされた結果と分かるアイコンが付与される。
逆に言えば、DNGはクロップを調整可能な状態で、元画像をクロップしている状態。
JPGは当然ながらクロップ結果だけなので、クロップアイコンが付与されてないし、JPGは後からクロップ解除も出来ない。

サムネイル一覧でもクロップアイコンがあるので分かる
Lightroomでクロップ撮影したDNGファイルは、このようにクロップ領域の表示ができる

やっぱりライカQ2とAdobe Lightroomの組み合わせが好き

created by Rinker
Leica
¥668,900 (2021/04/18 10:15:59時点 Amazon調べ-詳細)

Q2使うならAdobeが便利だし、気軽なお散歩カメラとして常用するなら予備バッテリーはあった方が良い。

ライカQ2のバッテリーはSLと共通で大容量なので1日の撮影でも気しないで良いのですが、予備が欲しい理由は、チョコチョコ使って、いつの間にか減って来てたら、ドライブに行く時に嫌なので、常に一本予備があったら、毎日、入れ替えて、フル充電していたら、常に二本が満タンで使えます。

この記事が気に入ったらFollow

投稿者プロフィール

カメラとduffyが好き
カメラとduffyが好き田舎のカメラ好き
Leica Q2を田舎者が購入しようとしても、Q2もQすらも在庫も展示もどこにも在庫なく、見る事も触れる事も出来ませんでした。
展示品が無いとしても、せめて購入前提で実機を見て触れてから安心して購入したかった。
でも私はLeica Q2を買って良かったと思うので、田舎の仲間にシェアしたい。
ライカQ2の素敵なポイント。
買ってわかった素晴らしい部分をご紹介するブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です