自家製パンのホットドッグをQ2とD850で

  • URLをコピーしました!

今日は2機種で撮り比べ

せっかくの妻の自家製コッペパンで作ってくれたホットドッグなので、熱いタイミングで食べたいのでちょっと焦りました。

どちらの写真もAppleの写真アプリで露出だけ調整して色味は操作してない状態です。

上の写真がD850撮影で下の写真がQ2撮影で、色合いが全然違いますね。

どっちが好みか人それぞれですが、見た目に近いのは今回の場合は2枚目のQ2の出来栄えのようです。

Leica Q2と自家製パンのホットドッグ( D850+AF-S24-70mmF2.8撮影)
Leica Q2と自家製パンのホットドッグ( D850+AF-S24-70mmF2.8撮影)
D850と自家製パンのホットドッグ(Leica Q2クロップ撮影)
D850と自家製パンのホットドッグ(Leica Q2クロップ撮影)

D850に装着したレンズは、ニコンの標準ズームの中でも、VRは非内蔵の旧世代です。
最新型のVR内蔵が出た時はちょっとだけ買い替えを考えたのですが、このクラスの重さになると少しでも小型軽量でないと標準ズームレンズとして気軽に持ち出せないと思った(私の年齢と体力から)。

それと、このくらいの焦点距離の範囲で、重量のあるレンズとカメラだから手ブレは気になったこともないです。

そこで私の場合は、持ち歩ける自分の限界のVRなしの標準ズームで買い替えはしない決断となりました。
ニコンさんの大三元だからVR内蔵でも画質への影響ってないのかも知れないですが、余計なガラスが一枚でも減った方が画質には良いとも思うし、とか旧型の負け惜しみを含めて考えました。

撮影機材のご紹介

Leica
¥752,400 (2022/12/02 20:05時点 | Amazon調べ)
Nikon
¥308,460 (2022/11/30 00:15時点 | Amazon調べ)

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

Leica Q2と自家製パンのホットドッグ( D850+AF-S24-70mmF2.8撮影)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!