アップルを継続する理由1:HomePod

HomePodが素晴らしいのでApple信者に戻った

このHomePodはスマートスピーカーと思えない性能

[rakuten id=”home-carpentry:10287051″ kw=”【楽天市場】Apple スマートスピーカー HomePod MQHV2J/A ホワイト:エクセラー3号館 楽天市場店”]

私は一度はApple信者を全面的に辞めてしまう行動を起こしたが、
逆に、浮気の最中にAppleの良さを改めて痛感するに至り、これでは恨みを水に流してアップル信者として返り咲くしか無いちのでした。

浮気の原因はDRM保護にやられたから

私は一度は心底Appleを嫌ったし恨みも持った。その理由は、長年の自分の貯めてきた音楽データーの所有権がApple Musicに剥奪されてしまったから。

CDを物理的に断捨離して、iMacやiPhoneのデーターもローカルからは断捨離して、原本はApple MusicのiCloudミュージックライブラリーと言う位置付けで過ごしていた。

音楽は常にストリーミング再生していたので、ダウンロードしたりCDに焼き直したりしなかった。

長い間、著作権保護で私の所有権が剥奪された事実に気が付かないでいたが、気が付いた時、既に遅し。

私の知る範囲でも500曲くらいのCDデーターの所有権が無くなっていた事件が最近発覚した。

その複雑な経緯は、別記事(Apple Musicのデメリット)にあるので参照してください。

結論はApple Music&iTunes Match併用に決めた

失った所有権は、Appleの素晴らしさに免じて許す事に決めた。
それらCDデーターの所有権は放棄して、新たに購入したり、どこかにバックアップの片鱗が無いか探したりしている。

だが、失った曲は断念しても、この先にApple Musicに参加アーティストが増えた場合に、また同じ惨劇を繰り返す事になる。

それは避けたい為、iTunes Matchにも追加で併用する事で対策する。

ネットの情報を安易に信じると、Apple MusicのiCloudミュージックライブラリーがあれば、iTunes Matchを包含すると思いがちだ。アップルの新規加入のページを見ても、広告を見ても、Apple Musicの勧誘しか見つけることが出来ない。だが丹念に探す事でiTunes Matchも今でも新規加入は可能だ。(2020/08/02現在)

スピーカーはBOSEがベストだと思っていたが

私はHomePodが素晴らしいとは思っていたし、各部屋に配置して利用中だがが、同価格帯でBOSEのようなオーディオメーカーのスピーカーには負けているだろう。

と内心では思っていた。

私は以前はオーディオマニアで、50万円クラスのコンポを組んで、配線などの質にも拘って楽しんでいた。

デンオン、パイオニア、オンキョー、TEAC、アカイ、ソニー、テクニクス、ソノス、BOSE、ナカミチ、JBL、など、色んな会社のオーディオ製品を愛用して来た。

その本格オーディオ遍歴も断捨離して手元になく、今では、HomePodが各部屋に鎮座している状態です。

家の中を移動しても、途切れることもなく、どこでも同じ音楽が鳴る環境と、真面目に真っ正面に座らないでも良い感じの音質を体験できる。

でも内心では、所詮は初めてのスピーカーを出したAppleだし、スマートスピーカーだし、オーディオメーカーで同じ価格帯を買ったら負けるだろうと思い込んでいた。

意外にもHomePodは素晴らしい音質

ボーズHome Speaker 500とHomePodの比較

Appleと決別するつもりでSpotifyをメインにしようとして
Spotifyを使うならSpotify connectが絶対的に使いたい!

Spotifyコネクトを使うならホームポッドでは対応していない(2020/08/02現在)と言う事で、ボーズHome Speaker 500に乗り換えるつもりで動いていた。

一時的に、こうしてBOSE ボーズHome Speaker 500と併用してHomePodを並べて試聴したり、Spotify connectとAirPlay2を試したり本当にアップルと決別するつもりだった。

ボーズHome Speaker 500は、Spotify connectとAirPlayの両方に対応だし、液晶パネルもあるし、音もボーズのこのシリーズ中の最高品質らしいのだが。。。。

HomePodは、自分自身で音場を学んで音質向上する能力もあり、なかなか素晴らしい音質であった。

人それぞれの好みと、聞く楽曲、そして設置環境により評価が分かれるのだと思うけど、私の環境ではHomePodが良かった。

【7/1(水) ポイント最大17倍】Apple HomePod MQHV2J/A [ホワイト] アップル Bluetooth スマートスピーカー 単体 新品
価格:37980円(税込、送料無料) (2020/7/3時点)楽天で購入

ただし、もしSpotifyユーザーがボーズHome Speaker 500を買うのは良い選択肢だと思う。アルミの高級感あるボディーとBOSE音質だから。

[amazon asin=”B07GC85SDH” kw=”Home speaker 500 SLV “]

[amazon asin=”B07GC4CJ8Y” kw=”Home speaker 500 BLK “]

Apple HomePodの音質

高級オーディオも使って来た経験のある私ですが、HomePodがそれに匹敵するとは言いません。全く別格です。

高級オーディオが本物の音を鑑賞するイメージ。スピーカーの最高性能の出る試聴位置に座って真剣勝負のリスニング体験。

だとすれば

HomePodは、無指向性でどこでも同じような良い感じに聴ける気楽な音楽体験。
その割には低音から高音まで非常にバランスが良い。

ボーカルもなかなかリアルだし、重低音も、この形状から信じがたい量で鳴る。

高音域も、本当に無指向性で頭の高さもかなり自由度がある。

HomePodは、ソノス Play:5には確実に負けるが、この小型軽量でAirPlay2の専用で良いならば、信じられない高音質と言えるレベルだと思います。

だが、本格的なステレオ再生が希望なら、HomePod二台でのステレオよりも、ソノスPlay:5二台のステレオが確実上手です。高級オーディオ並みの高音質がPlay:5二台でのステレオ再生です。

[amazon asin=”B07HSCF5LB” kw=”Sonos Play:5 大型ワイヤレススピーカー AirPlay 2対応 ホワイト PL5G2JP1 “]

[amazon asin=”B07HS4GWLC” kw=”Sonos Play:5 大型ワイヤレススピーカー AirPlay 2対応 ブラック PL5G2JP1BLK “]

この記事が気に入ったらFollow

投稿者プロフィール

カメラとduffyが好き
カメラとduffyが好き田舎のカメラ好き
Leica Q2を田舎者が購入しようとしても、Q2もQすらも在庫も展示もどこにも在庫なく、見る事も触れる事も出来ませんでした。
展示品が無いとしても、せめて購入前提で実機を見て触れてから安心して購入したかった。
でも私はLeica Q2を買って良かったと思うので、田舎の仲間にシェアしたい。
ライカQ2の素敵なポイント。
買ってわかった素晴らしい部分をご紹介するブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です