Apple MusicはAirPod Proでも良い音

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

先日の記事は、HomePod(大)でロスレスオーディオならApple Musicの音質の良さが出る的なまとめしてましたが。

今日は、AirPods Pro第二世代でも違いは分かった話です。

AirPodsプロ第二世代でも良い音

幾田りらさんのこの曲を聴いてる時に違いが分かった。

YouTubeミュージック
Apple Music

違いが分かりやすい条件

下のスクショのようにAirPodsPro2の追加機能を使わないで、素直にステレオイヤホンの性能を出し切る。

Screenshot

因みに、それぞれの機能でどの程度、音質そのものに悪影響があるかは定かでは無く、でも、周囲にノイズが多ければノイズキャンセルが強く働くから音質への影響も多くなると予想しますし、どの機能も音質に影響皆無では無いだろうと思ってます。

とは言え、エアコンの近くで聞く時など、音質の劣化が有ろうともノイズキャンセルした方は聞きやすいので、オンオフはその場の状況に応じたtrade-offだと。

結論

この曲に関しては、AirPodsPro第二世代でロスレスオーディオは非対応でもApple MusicはYouTubeミュージックよりも素晴らしい音質で聴くことが出来ました。

また、補足ですがApple Musicのスクショでロスレスオーディオの表示になってますが、おそらくこれは間違いで、Appleサポートページの表記通りロスレスオーディオでは無いと思います。

もしかするとApple MusicからiPhoneへ転送されたデーターとしてはロスレスオーディオの大容量であるだけで、iPhoneからBluetoothでAirPodsに転送される時はロスレスオーディオの豊富な情報量では無くなっているのでしょうか。

とにかく言いたいのは、前回の関連記事ではHomePodユーザー出なく、AirPodsプロで聞く程度ならApple Musicの音質のアドバンテージなど気にしないで他社のサブスクも選べると思ったのは間違いでした。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!