MENU

iTunes Matchは今年は継続しそう

  • URLをコピーしました!

上記の記事でiTunes Matchは削減対象だった

私はApple MusicとiTunes Matchを併用しておりますが、Apple MusicにはiTunes Matchとそっくりな機能としてiCloudミュージックライブラリがあります。

これは自分のMacのiTunesアプリの曲やプレイリスト、iPhoneの同項目、iPadの同項目がiCloudを通じて同期される便利な機能です。

そればかりではなく、iPhoneやMacのストレージを節約する目的でデーターを端末から削除しても、原本がiCloudにあるので、聞きたい時は自動的にダウンロードされてストリーミング再生のように聞くことが可能です。

この便利はiCloudミュージックライブラリがiTunes MatchとApple Musicで両方から提供されている重複機能です。

私は悩んだ末にiTunes Matchは解約の決意でした。

ただ、iTunes Matchの解約には重要なポイントがある。

解約する覚悟を決めるなら、私のかつて購入したCDやレンタルCDから読み込んでいた楽曲は所有権が自分からApple Musicに書き変わってしまう事を容認しなければなりません。

私はiPhoneやMacのストレージを節約するために音楽データーの原本はクラウドにしかありません。
CDから入れた後はCD自体は断捨離してしまったのです。
この状態で所有権がApple Musicに書き変わった場合には、Apple Musicの解約すると自分の所有だったはずの曲も失います。
解約しない場合でも自分の物だったはずの曲もCDやUSBメモリーに書き出すことが出来ません。

ここまで検討して、一旦はiTunes Matchの解約を決意した私でしたが、一応、私の持っている曲での現状を再調査しました。

iTunes Matchの現状
iTunes Matchの現状

ほんの一部分のスクショですが、この画像では嵐の曲はApple Musicと私のCDの楽曲が一致しておらず、この状態の曲に関しては、私の所有物として今後も安全(今日の段階では)です。

しかし、ABBAの曲は昔にCDから取り込んだ曲ですが、今日現在既にApple Musicと一致した事が表示されている。

おそらくですが、私がiMacを初期化して音楽データーをクラウドからiMacに復元した場合はApple Music所有の曲に置き換わるのではなかろうか?と危惧しております。

嵐の曲は今のところは大丈夫そうですが、この先にApple Music提供曲が増えて来たら同様に危惧されます。

さて、この危険性は理解した上でiTunes Matchの解約を予定していたのですが、以下の通り、次回の更新を有効に設定を戻してしまいました。

さて、その決断はなぜかと言うと。。。。

3980円を浮かすか否かの決断を今出さずとも来年まで持ち越しても良いかなと思ったからでした。

解約した場合は、ABBAの曲のみならず、今日現在5600曲程度で書き変わる可能性があります。
それでもApple Musicを解約する予定がないので別段構わないのですが、決断を来年7月まで延期しました。

なんだか、年間4,000円で細かく検討するなんて時間と労力の無駄と言われそうですが、まあ私は音楽鑑賞が大好きなので、好きな分野は検討するのも楽しいです。
趣味は頭も使うから楽しいですよね。
カメラを買う前の悩みが楽しいようなもんですね。

ただ、それでも、ちょっと時間をかけ過ぎたかな?

なので、この記事が同様な悩みの人の参考になったら嬉しいです。

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!