MENU

Apple Musicの仕様を理解して使わないと危険なケース

  • URLをコピーしました!

iCloudミュージックライブラリーの長所と気をつけるべき点

Apple Musicに加入するとiCloudミュージックライブラリーが使えます。
これは自分のCDからMacのiTunes取り込んだライブラリーも含めて、全デバイスで同じ楽曲が再生可能になる便利な仕組みです。
単にiTunesだけ利用する人は、iPhoneやiPadにも一々USBケーブルで必要な曲をシンクロさせてやらないと聞くことができませんが、iCloudミュージックライブラリーが使えれば、シンクロの手間なしで全デバイスで全ての曲をどこでも再生可能になります。

特に、C Dから入れた曲に対しての恩恵ですよね。
元からApple Musicにある曲がiPhoneでもMacでも聴けるのは当たり前の話ですので、CDからMacに入れた曲が、シンクロ操作もなしに出先のiPhoneでも聴けるのが嬉しいんだと私は思ってます。

ところが、これをApple Musicの仕様を理解せずに利用して、その途中でCDを断捨離などしたら危ないだろうと予想します。

Macの画面で同一楽曲が重複表示するケース

以下はMacのiTunesにCDから取り込んだ後の画面です。
同じ曲名で「待機中」と「一致」でダブって2倍に表示されてます。

MacのiTunesにCDから取り込んで数日経過した画面

この画面を見ると、私の所有するCDから取り込んだファイルがアップロード待機中から状態遷移しないままです。
これはクラウドにアップロードする待機中が二日経過してますので永遠にアップロードされないと見ております。

アップロードされない理由の推測

Apple Musicから山下智久さんの新曲CDは既に提供されているので、おそらくApple Music全体のクラウド容量の節約のためにApple Musicの所有する曲がある今回の場合は、ユーザーがCDから入れたファイルはクラウドにはアップロードされない仕様なのだと思われます。

そうしないと仮に100万人が山下智久さんの新作CDをMacからApple Musicに入れたら100万人分のクラウドデーター容量が必要になってしまうからでしょう。

これはこれで賢い選択ですし、Apple Musicのファイルであれば将来的に音質の向上があったら聴ける音質も向上するメリットがあります。

気を付けたいこと

随分と前にも書いたのですが、この状態でMacを買い替えたと仮定します。
その際に自分のライブラリーの楽曲はクラウド管理してあると油断してiTunesのデーターはバックアップすることなく、新しいMacでAppleIDを投入してライブラリーの復元を待つ場合が落とし穴です。

どうなるかと言うと

山下智久さんの新作CDの楽曲でクラウド側にあるのはApple Music AACファイルだけなので、そちらだけ復元されます。
自分が所有するCDから入れたAACファイルはクラウドに上がってなかったので当然復元されません。

その理由は、アップロード待機中のまま進まないと言うことは、冒頭に書いたように自分自身の所有ファイルではなく、Apple Music所有のファイルしかクラウドに管理されて無いからです。

ややこしい話も

ここで、おそらくですが、Apple Musicで提供されてないCDを入れた場合には、自分所有AACファイルのままクラウドにアップロードされるので、この場合はMacを買い替えてApple IDを投入したら自分のライブラリーとして復元されて再び聴ける状態に戻せるだろうと思われます。

気をつけるべきなのは、Apple Musicでも提供されている曲で、自分のCDから入れた場合はCDディスク自体の断捨離はせず、保管しておく必要があるってことです。

そうしないと将来Apple Music解約する事があれば自分の楽曲だと思っていたCDから入れた曲がApple Musicのファイルしか無いので聴けなくなってしまうからです。
きちんとライブラリー更新の都度、これは私の場合は毎日の更新なので毎日しなければダメですが、MacのiTunesファイルをバックアップを取っていたら良いのですが、Macが急に故障するケースもありますし、MacのSSD容量の関係でそもそもiTunesのデーターをMacにダウンロードしておらない場合、クラウドが原本になってますのでバックアップする前にMacにダウンロードが必要になります。

あくまでも一ユーザーの観点で書いてますので、もう少し間違いもあるのかも知れないのですが、注意事項だと思うので備忘録として、他のユーザーの参考のために書いてます。

なお、私はApple Musicは登場した初日から今まで継続利用する愛用者です。
iTunes Matchも登場した初日から契約して、途中1年間の解約を除いてずっと愛用してます。

今回書いた内容は、もしかしたらiTunes Matchも併用した場合であって、Apple Music単独加入だと挙動が多少違うのかも知れないので、その点も配慮してお読みくださいね。

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!