X-T4のファインダー覗いてきた

Leica Q2大好きな私がFUJIFILM X-T4のファインダー覗いてきた感想です

目次

久しぶりに触れたFUJIFILMさん

私は2年くらい前までは、国産のミラーレス一眼で新機種が出る都度、EVFが進化したと言われる都度、買う気も満々でミラーレス一眼を頻繁に触りに来ていた時期がありました。

あの当時は見る都度思う感想として

まあ、こんなもんか。仕方ないよな。

そんな気持ちでショボンと手ぶらで帰宅してました。

そんな繰り返しの中で、Leica Q2を買い、Nikon D850を買い、そこからはミラーレスのEVF確認の旅も飽きて、諦めて?やめてました。

ふと気乗りしてEVFを覗きたくなった

あれから2年間くらい、ほとんどカメラ売り場はスルーするのが当たり前になっていました。
それが先日は、ふと気乗りして、通路の途中にあった(私が店内を通るルートにカメラ売り場もあって、通路にX-T4が置かれていた)X-T4が目につきました。

Xシリーズは出た当初から一貫してカメラメーカーらしい無骨というかレトロなデザインが好ましく思っておりますし、操作系がライカQ2と同様にオートとマニュアルの切り替えが理に叶っているとも思っておりました。

何より、FUJIFILMさんのレンズは私の愛するNikonさんには無い点として、絞りリングが存在するのも羨ましい点でした。

EVFも大きくてミラーレスとは思えない雰囲気なので、久しぶりに手に持って展示品を少しの間ですが楽しませて頂きました。

思ったより悪く無いなあEVFでも。

第一印象は意外にも自然でした

他社さんのはじっくり遊ぶほど時間を取らなかったし、X-T4も短時間ですが、2年くらい前まで感じていたEVFが嫌いだった印象とは変化してました。

印象変化の理由を考察

どうしてEVFの印象が変わったのか?

おそらく以下の部分から変化したのかなあと予想します。

  • Leica Q2が気に入っていて、このカメラはEVF撮影が基本だから目がEVFにも慣れてきた。
  • X-T4はFUJIFILMの今の時点で最高のEVFでしょうから。

ミラー有無に対する私の好みは変わったか?

X-T4の印象は良好ですが、ミラーのある、プリズムのある一眼レフは卒業かと言えば?

やっぱり、まだ、見る対象(特に明るさ)によっては、EVFの補正後のファインダーには私の好み的には違和感があり、現段階だとやっぱり一眼レフの光学ファインダーが好きです。

ただ、今日の体験「思ったよりEVFも進歩している」から長い目で見て、EVFのミラーレスも買いたくなる日も来るかもしれないとは思いました。

今はまだ、ミラーレス一眼のボディーが私の手には小さすぎる事とレンズが高性能を求め過ぎて大きく重たいこともあって、買う気は全く無いので、一眼レフであるファインダーの大好きなNikon D850と便利カメラであるLeica Q2の2台をメインで浮気はしないほうが幸せです。

でも、これは、あくまでも私の好き嫌いの結論であって、これからレンズ交換式のデジタルカメラを初めて買われる人だったら、やっぱりミラーレスを選択したほうが無難だとは思いますけど。

ただ、X-T4なかなか素敵でした。

Leica
¥721,050 (2021/12/01 20:49時点 | Amazon調べ)
Nikon
¥307,700 (2021/12/03 16:11時点 | Amazon調べ)
富士フイルム
¥189,500 (2021/12/05 06:48時点 | Amazon調べ)

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
上に戻る
目次
閉じる