Luminar AIでフラグの使い方

Luminar AIのお気に入りフラグ

Luminar AIをLightroom classicや写真アプリのプラグインとして活用するなら関係ないのですが、私はテストを兼ねてLuminar AIをスタンドアローン環境でも使ってます。

そうするとLuminar AIのフラグも利用するようになりましたが、ハート型のお気に入りフラグ(写真アプリ的に言うと)と言うか、Lightroom的に言えば採用フラグがあります。

私はLuminar AIスタンドアローン環境に、jpgとRAWを両方入れてました。

ただ、その時はたまたまRAWだけ利用したかったので、RAWを表示させた状態でハートフラグを付ける選別作業をしてました。

Luminar AIのハートフラグの使い方
Luminar AIのハートフラグの使い方

その後で、ハートフラグがONの写真だけを抽出した時に、思った以上に枚数がありました。

あれれ?なんでだろう?

抽出された写真のプロパティーを確認すると先ほどのフラグ付与作業時に表示すらしてなかったjpgファイルにもハートフラグが付与されていることがわかりました。

実験すると、どうやらハートフラグはjpgとRAWで連動しており、片方でフラグを操作すると、もう片方にも同時に作用するようです。

Luminar AIをスタンドアローンで使う場合にフラグ管理するならば、jpgもrawも一緒になると覚えておいたほうが良さそうです。

別管理したいと思ったら余計なお世話ですが、同時にカメラが保存したファイル同士なので、片方がハートならもう片方もハートと言う考え方で見たら妥当な仕様なのかもしれません。

こちらのリンクでプロモーションコードを入れると割引価格で購入が出来ます。途中でプロモーションコードを入れる部分を見逃さずに投入しないとプロモーション価格になりませんのでご注意を

https://skylum.evyy.net/c/2644508/885073/3255

プロモーションコード:LEICAQ2LOVE

Luminar AI
Luminar AI

この記事が気に入ったらFollow

投稿者プロフィール

カメラとduffyが好き
カメラとduffyが好き田舎のカメラ好き
Leica Q2を田舎者が購入しようとしても、Q2もQすらも在庫も展示もどこにも在庫なく、見る事も触れる事も出来ませんでした。
展示品が無いとしても、せめて購入前提で実機を見て触れてから安心して購入したかった。
でも私はLeica Q2を買って良かったと思うので、田舎の仲間にシェアしたい。
ライカQ2の素敵なポイント。
買ってわかった素晴らしい部分をご紹介するブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です