鳴子峡 早朝の紅葉(Leica Q2)

ライカQ2で紅葉撮影

天候も怪しいのでライカQ2で撮影

ライカQ2 鳴子峡

晴れたり降ったり

この日の鳴子峡は、雲が多く、流れも早く、地面は少し前まで雨だったらしく濡れておりました。

お土産屋さんで土産物を探したり、熱々の玉コンを食べたり、散歩したりでトータル1時間くらい過ごしてました。

玉コンで美味しく温まる

ちなみに玉コンは、なかなかおいしかったです。
4玉で100円だったでしょうか?
妻と二人で暖まりましたよ、ご馳走様です。

遊歩道は閉鎖中

遊歩道は朝は9時からで、今日は6時過ぎでしたので頑丈な鉄扉には、鎖グルグルで完全に閉鎖されてました。

新型コロナ時代になってから私はスポーツクラブを退会したので運動不足気味。 こんな場所でも散歩が生きがいでもある生活です。
次回チャンスがあれば朝9時以降の遊歩道の空いている時間帯に来てみたいですね。
地図で見るとそれなりの距離感に見えますが、遊歩道の案内図だと下り道が10分、帰りの上りで20分程度らしいので、気軽に散歩できそうですが、もし一眼レフと大口径ズームレンズを装着するとしたらちょうど良い距離感かもしれません。

でも、紅葉シーズンは9時以降に到着する事は難しそうです。

今朝のように早朝の6時に到着しても、車も人も意外と沢山来ていたので、これが9時に到着ではおそらくは満車になっていて、道路が渋滞してしまって車だと辿り着くことすら困難そうです。紅葉以外のハイキングシーズンにでも来てみますかね。

ライカQ2の防塵防滴は大正解

今朝は、撮影が終わって車に戻った直後に雨が降り出して来ました。

こんな天候でもライカQ2は防塵防滴仕様なので心強いです。何も気にせずに車から離れて散歩していられるカメラです。

コンパクトカメラは、やっぱりこの気軽さ、利便性が嬉しいです。
価格的には高級カメラですが、だからと言ってビビって撮影に持ち出すチャンスが減るようでは本末転倒。
高い買い物だからこそ、この人生で沢山持ち歩いて楽しみたいですから。

created by Rinker
Leica
¥710,600 (2020/11/26 17:07:45時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったらFollow

投稿者プロフィール

カメラとduffyが好き
カメラとduffyが好き田舎のカメラ好き
Leica Q2を田舎者が購入しようとしても、Q2もQすらも在庫も展示もどこにも在庫なく、見る事も触れる事も出来ませんでした。
展示品が無いとしても、せめて購入前提で実機を見て触れてから安心して購入したかった。
でも私はLeica Q2を買って良かったと思うので、田舎の仲間にシェアしたい。
ライカQ2の素敵なポイント。
買ってわかった素晴らしい部分をご紹介するブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です