Magic Keyboardが届いた

iPad

想像以上の気に入り度合い

magic Keyboard以前の私は、数年前のiPad Pro10.5に純正の普通のキーボードカバーを使ってました。
キーボード入力は画面キーよりはずっとマシでしたが、やっぱり所詮はカバー形状のキーボードのタッチであって、本物のノートパソコンのキーボードとは差を感じておりましたが、ここはiPadなのだからこのくらいで我慢だと思っていたし、今回のmagic Keyboardも少しの向上だと覚悟しておりました。

ところがびっくりした

まずキーボードを装着した見た目ノートPC

私はMac以前は30年くらい前?はソニー大好き派でした。
ソニーと言えば当時はVAIOが全盛期で紫っぽいカラーリングのスタイリッシュなノートと大きいけど美しいデスクトップの両方を買うのが喜びでした。

私はもちろん両方揃えて、更にVAIOノートのC1と言う小型でカメラも内蔵したモデルも、ソニーのPDAのクリエ?も毎回機種を新しくするほどのソニーファンでした。

話がそれましたが、私の当時大好きだったVAIOノートの形状がフルフラットで今のiPad Pro12.9 2020モデルにマジックキーボードを装着して閉じたイメージが似てます。それをふと思い出して、黒いVAIOノートを買ったみたいな気がします。

キータッチ

所詮はカバーでしょうと言う覚悟の元で購入したMagic Keyboardなのですが、なんと驚いたことには、私の好みでした。

現在のメインMacはiMac27インチultimateに、iMac純正のMagic Keyboardでテンキー付きです。
ワイヤレスキーボードになって以来、この様な薄型になってからは私はMacのキーボードはあまり好みではなく(見た目は好きだがキータッチはThinkPadが好き)、その中ではこのMacのMagic Keyboardのテンキー付きがギリギリ好みの製品でした。

ところが、このiPadに購入したMagic Keyboardは、iMacのMagic Keyboardよりも好きになりました。
ストロークが少しだけ深いので(体感的にそう思ったので数字は知らない)、私の大好きなThinkPadのキータッチに少しだけ似ています。

以前のiPad Pro10.5の専用キーボードに比べたらキーピッチも少し広いのか?普通のキーボードとしてブラインドタッチが全く問題ありません。

これは物凄い衝撃で、こうなると、私は今後の人生でMacBook ProやMacBook Airは買わないで済まされてしまうのかもしれない。

私の場合はmacOSが必須となる作業は、最近ではcoda2.5でサイト全体の文字置換を複数行単位のgrepで行う時程度。
あとはLightroom Classicの機能が使いたい時と、Photoshopの機能がiPadのPhotoshopではまだ発展途上で入ってない場合程度。

普通に会社員として使う場合は、まだまだmacOSも必須かもしれないのですが、私は小さな会社経営なのでいろいろな面で自由になるので、もはやこれはMacBook Proは卒業間近になりました。

流石にiMacだけは画面の大きさの関係で、それと、今はまだiPadOSとmacOSのアプリ同士の機能差があるので、iMacは今後も買い替えるのだと思いますが、ノート型のMacは買わない可能性が高くなりました。

それだけインパクトのあるiPad用のMagic Keyboardの使いやすいキーボードでした。

とは言え、最近、MacBook Proで当時は大金だして購入した、その頃は貴重だったSSD 768GBモデルが壊れたので、それを買い替える出費にビビっているので、お金を気にしないとすれば。やっぱりMacBook Proも欲しいのが本心かもしれません。

つまりiPad Pro買ったばかりで、これ以上は出せない負け惜しみも含まれる点をご容赦ください。

Apple Storeの画像をお借りしてます

投稿者プロフィール

カメラとduffyが好き
カメラとduffyが好き田舎のカメラ好き
Leica Q2を田舎者が購入しようとしても、Q2もQすらも在庫も展示もどこにも在庫なく、見る事も触れる事も出来ませんでした。
展示品が無いとしても、せめて購入前提で実機を見て触れてから安心して購入したかった。
でも私はLeica Q2を買って良かったと思うので、田舎の仲間にシェアしたい。
ライカQ2の素敵なポイント。
買ってわかった素晴らしい部分をご紹介するブログです。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました