Q2に最適なシルクストラップ(2)

  • URLをコピーしました!

先日のストラップお気に入りポイント紹介

先日の記事は下記のリンクです。

Q2に最適に思うストラップ記事一覧

アルティザン&アーティスト 組紐ストラップ シルクストラップ (ロング) リングタイプ リングガード付 カーキ ACAM-306N-KK

https://leica-q2.com/2019/10/04/leica-q2/q2-best-strap1/
https://leica-q2.com/2019/10/08/leica-q2/q2-best-strap2/
https://leica-q2.com/2019/10/10/leica-q2/q2-best-strap3/
https://leica-q2.com/2019/10/10/leica-q2/q2-best-strap4/

カメラに優しい配慮

ストラップの金具とカメラは干渉しない配慮

ご覧の通りで、カメラとの接合部分ですが、ストラップと一体化したしなやかな皮が金具との干渉を防止します。

ストラップがどんな状態になってもカメラに傷がつかない嬉しい配慮があります。

私は今回のLeica Q2はボディーに惚れ込んでいるので、撮影時にはボディー保護ケースは付けないで裸族で使う予定です。

でも傷を気にしない訳ではなく、単にダイレクトにボディーに触れていたいだけなので、このストラップによる傷防止は嬉しいです。

本体付属の純正ストラップより格段良い

このストラップの前は、純正ストラップでしたが、純正は本体は皮ベルトなので傷は付きませんが、本体と接続する金具(リング)は、決して高級品ではなく、普通に尖っているので、ストラップの位置によってはボディーに傷を付ける可能性が否定できない物でした。

Q2の価格から見ると、付属ストラップの金具はもう少しだけ配慮が欲しいと思ったのが正直な気持ちでした。でも、この価格帯のコンデジを買う人は、私以外は傷なんて微塵も気にせず使うのかな?と思っておりました。

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

Leica Q2の大好きポイント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (8件)

  • Yoさん、ピンバッグ?純正ストラップの改善情報を情報ありがとうございます。
    私はWordpress初心者にて、ピンバッグと言う仕組みがわかっておらず、ここでお礼を書いてもご覧になられるのか?わからないで書いてます。

    話は戻りますが、私も実は純正ストラップが好きで出来れば長く愛用したかった口です。
    色も太さもライカQ2に一番似合うなあと思っていたからです。
    ストラップを交換した今でも、一番似合っている。そう思ってます。
    工夫して使う道もあったんだあと思いました。

    その上で、私の買ったストラップもおすすめですので、いつかお試しください。
    デザインは純正が一番あっていると思うのですが、しなやかなシルクストラップはバッグに入れても、防湿庫に入れても小さく纏まって本当に扱いやすいです。

    • duffyさん、すいません、うまく気づくことができず、被リンクからたどってコメントいただいたことに気づくことができました。
      シルクストラップは気になってヨドバシカメラまで行って実物までチェックしてきました。いまでも買うか悩んでいます。。
      Leica Q2はウェブ上に情報が少なく、このサイトの記事のほとんどを読ませていただいて勉強してます。
      誰かの役に立てればと思い、自分も発信していきたいと思ってます。

  • Yoさん、お久しぶりです。
    シルクストラップもしご購入される時は、記事中にも書きましたが、長さに気を付けてください。
    短いのを買うとハンドストラップにしか使えませんし。
    それとQ2情報は、ほんと少なく、それも私のような素人の声は少なくて。
    私もYoさんのブログ拝見してました。
    特に、純正ストラップの傷の懸念の確認方法は、私と同じで、ああ、やはりこの方も技術系なんだなあ。と似た感性を感じて楽しく拝見しました。
    他の記事も読みやすく、理解し易く、私もこのように書きたいなあ。と羨ましく感じました。

    • duffyさん
      ありがとうございます。
      なんとなく技術系の雰囲気がでていますでしょうか… 少しでも伝わりやすい記事が書けていればいいのですが….。そういっていただけると嬉しいかぎりです。
      Q2の情報がとても少ないので(特に日本語)、ちょっとしたことも一個人が感じたこととして記事にしていこうかなと思ってます。

      もしシルクストラップを購入する際は長さに気をつけたいと思います。

  • Q2入手1ヶ月未満です。必須のストラップについての有益な情報をありがとうございました。

    私はLEICA純正にこだわることにしました。しかし、自然につく傷ならば味として許せもしますが、不用意な金属リングでつく幾何学的な傷には違うものを感じます。お二人のアイデアをきっかけに探し、考えた結果、一つの解に到達しました。

    M10純正ストラップです。長さなど不明なことだらけながら(LEICAのサイトも情報が少ないですよね)、思い切ってポチりました。結果、Q2純正との違いは傷防止革とリングのサイズだけでした。これだけのために8800円をかけたことになります。馬鹿だなぁと笑われながらも、お二人になら、まあそれもありかもねと軽く流してもらえそうなので、カミングアウトします(笑)。

    • 素晴らしい選択肢だと思います。
      私は最後までLeica Q2純正で行きたいと粘ったのですが、あのリング形状だけはQ2の価格帯に合わないと感じて
      社外品から品質の良いものを選ぶしかないと思い込んだ結果でした。
      ひげGさんのM10純正という選択肢は思い付きませんでした。
      あくまでもライカ純正ですし、Q2純正の欠点が消えているならば最高ですね。
      どうして、そのくらいのストラップをQ2に採用してくれなかったのか。
      ライカ内でも差別化が必要なのかも知れませんがい、あの価格帯だったらストラップくらいそのランクを付けて
      くれたら良いのになあ。
      と思います。
      まあ、今のストラップも大変使いやすいので、その出会いに至ったQ2純正のいまいちなストラップにも感謝は
      出来ますけど。
      もし、このストラップが汚れたら、私もM10ストラップにしたいと思います。
      素晴らしい情報ありがとうございました。

Leica Q2のストラップ。傷がつくという噂とその可能性の確認、と暫定対応。 – エンジニアが学んだことをお伝えします へ返信する コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください