スポンサーリンク

Adobe bridge フォトダウンローダーが正常に機能しない

スポンサーリンク
フォトダウンローダーの問題
何故かSDカードが二重に表示される
スポンサーリンク

UHS-2規格のSDカードが二重に表示

Adobeのフォトプランに入っていると、Adobe bridgeと言うローカルHDD内の写真管理に便利なアプリが利用可能です。

最近、Leica Q2を購入して、データーサイズが大きいので、Lightroomのクラウド管理では間に合わないと判断して、まず最初はローカルHDDにてAdobe bridgeで管理して、そこからある程度はチョイスしてLightroom のクラウドに投入したいと思います。

Leica Q2にはUHS-2規格のSDカードだが

高画素であるQ2なので、推奨されているUHS-2規格のSDカードをチョイスしました。
しかし、このカードを読もうとするとトラブルが2つ発生してます。

再現率は100%です。

SDカードが2つに見える

写真のように、SDカードが2枚あるような表示です。
それぞれを開くと、あたかも同じ画像が同じ枚数で存在するように見えます。

しかし同じような読み込み動作をLightroomで行うと、SDカードは一枚にしか見えません。

MacのFinderで見ても当然ながら1枚になってます。

Adobe bridgeのフォトダウンローダーのみでSDカードが二枚になってしまいます。

SDカードから削除できない

写真のように、読み込み完了したらSDカード内のオリジナルファイルを削除する指定なのですが、実際は削除できてません。

UHS-1のSDカードでは再現せず

この問題はUHS-2規格のSDカードを利用した場合だけで、UHS-1規格のカードでは発生しません。

それと私はUHS-2規格に対応するカメラはLeica Q2しか持っておらず、この問題がカード規格とAdobe bridgeのフォトダウンローダーの相性問題なのか?

それとも、Leica Q2でフォーマットされた UHS-2規格のSDカードだけに発生する問題なのか?わからない状態です。

SanDiskサポートに聞いた

SanDiskのサポートに質問したのですが、このようにドライブとして二重に見える件はわからないそうです。

Adobeにも聞いた

Adobeサポートにも質問したのですが、AdobeとしてAdobe bridge付属のフォトダウンローダーが、UHS-2規格のSDカードに対応しているかどうか? 即答ができないと言われました。

本国に問い合わせて数週間の回答待ちになりました。

私としては、写真アプリの最王手に見えるAdobeの製品群が、UHS-2規格に未対応とは思えないので、そんなバカなと思うし、未対応だったら高額なSDカードを使っているであろうハイアマチュアとかプロカメラマンが既に問題を報告てない訳もないと思います。

もしかしたらプロカメラマンの多くがMacではなくウインドウズだとしたら、たまたま誰も問題に遭遇してないのかなあ?

とりあえず数週間はAdobe bridgeの利用は控えるか、写真の取り込みはMacの Finderで手動で行うか?

その後の経過

もしかしたらSDカードリーダーがUHS2対応ではなく、UHS1対応だから?と思って、買い換えてみましたが結果は同じでした。まあ読み込みが早くなった気がするから良いんですけど。

ドライブとしてダブルに見える問題だけなら気にしなければ良い話ですが、私としては、取り込み後の自動削除の指定が機能してない点で、正常に読み書きが出来ているのか?

そっちが気になってました。

万一にも旅行で2度と取れない写真なんか取り込む時にアクセスした時にデーターを壊されたら困るのでAdobe bridgeは利用を中止しました。

サポートの電話でも半日くらい担当者がその間に三人交代してサポートされても原因不明でした。

再現率が私の手元では100%だから実験して欲しいと懇願したのですが、AdobeとしてはMacにUHS2のSDカードを読み込ませる実験の環境がないとの事。

天下のAdobeがそんなバカな?と言っても無駄でした。

とりあえず、LightroomとLightroom classicでは、このUHS-2対応のSDカードだとドライブとして二重に見える異変は無いので、当面、Adobe bridgeの利用は断念です。

Adobe bridge本体は問題ない感じなので、具体的にはAdobeの bridge付属のファイル取り込みアプリの問題なんですけど。

以前にニコンでもCapture NXDに付属するニコントランスファーと言う取り込みアプリがMac版で問題があって、その時はそのアプリが関与するSDカードのデータは完全に破壊されてしまう現象でした。

私の場合は、結婚式で撮影した大事な大事なデーターが全滅してしまった事がありました。

どうもMacと写真データーの取り込みソフトは相性問題が出易いのでしょうか。

でも、Appleではこうならない様にOSのバージョンアップ前にはソフト開発者にベーター版を配布して事前確認をさせているはずなのですが、ニコンの時の印象では、ベーター版で検証しても正式版では違っている場合もありニコンとしては2度手間をかけたくないからと言う理由で、後手後手に回っていた様に記憶してます。

Adobeほどの大企業がそうだとは思えないので、今回の問題点(ドライブが二重に見えるのと、削除が効かない)は、早く解決して欲しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました