キャットタワーの猫(Leica Q2)

  • URLをコピーしました!

Leica Q2で適当に撮影してJPGもカメラ任せです。投稿用に画質をおさえてあります。

この猫は、この高さが低いミニサイズのキャットタワーがお気に入り。

キャットタワーの猫(Leica Q2)
キャットタワーの猫(Leica Q2)

このタワーの良い点は、高さが低いので猫にとっては安全です。
尚且つ、こうして人間の目線からカメラを楽に向けやすい。
猫が眠い時は、タワーのトップのこの場所でも、女性でもなでなでしてあげる事も出来る位置です。

ペットショップに行くと、猫可愛いばかりに高級な巨大タワーに目が行きがちです。

しかし、猫がドジって落下する時に怖いです。

人間の都合としても、こうして間近で見たり触ったりできるメリットは小型のキャットタワーに分があります。

普通の猫は天井の高さから落ちても平気なはずですが、それも昔の屋外放し飼いで塀の上や屋根の上を歩き回る猫ならの話。

今の猫は室内だけが世界なので天井の高さからの落下は相当稀な高さになります。

しかもキャットタワーの下に偶然にも危険物が置かれていたら大変です。

我が家も注意して生活しているつもりでも、稀に角のあるモノが落ちていたり、一番怖かったのは床にハサミが落ちていた時もありました。

そんな感じで、猫の安全確保の観点と、人間から触れるカメラを向けられる都合の両面から我が家ではこのミニサイズのタワーがベストと判断してます。

この製品を猫が自由に出入りする2部屋に、それぞれ同じものを設置しました。

組み立ても移動も楽々です。

Amazonベーシック(Amazon Basics)
¥4,979 (2023/01/27 00:09時点 | Amazon調べ)
Leica
¥720,960 (2023/01/27 23:42時点 | Amazon調べ)

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

キャットタワーの猫(Leica Q2)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!