MENU

写真下手がLeica Q2を買うメリット

  • URLをコピーしました!

私のような下手くそが高いコンデジを買うメリットがどこにあるのか?Leica Q2を購入して2年半くらい経過した今の気持ちを書いてます。

プロが良いカメラを買う理由の想像

プロとかハイアマチュアであれば、良いカメラやレンズを買う目的は、滅多にない素晴らしい瞬間に最高の結果を出すには最高の道具が必要だと思う。

自分の腕以外の失敗要素を無くすみたいな?

最高の機材の方が過酷な環境でも信頼性も高いと思うしプロやハイアマチュアが高級機を買う理由は客観的にあると思う。

下手な私が良いカメラを買う理由

私は子供達がスマホで撮った写真にすら負ける下手

私の場合は旅行先の景色を撮ったり、妻の手料理を撮ったり、娘や妻のポートレート、ペット写真などであり、緊張感のある場面じゃないし、連写も不要だしミスショットしても気楽な写真が大半だ。

だから私のカメラは高性能である必要性はなくて、子供たちのスマホ写真に負けるなら、そもそもスマホで十分で良いカメラを持つ以前に構図とかライティングとか勉強せよって話だと思う。

嫁さんからも昔から言われたセリフがある

あのさあ、まずは腕を磨いたら?

私は、どうでも良い日常にも良いカメラを使う

「そんな写真はスマホで良いだろ」と妻から言われる写真までD850やQ2で撮る私です。

鬱陶しいなあ
こんなのばっか撮って良いカメラがもったいない。
撮影ドライブ行くとかないの?

私だって、もっと旅行やドライブにカメラを持って行きたいとは思う。

でも、コロナ禍に目立つカメラ機材を沢山持ってドライブや旅行に行く勇気が私にはない。
コロナ自体が怖いと言うよりも、人目が怖いから行けない。

Q2って日常写真でも十分良いカメラだと感じる

日常写真はiPhoneでも上手に撮れるしiPhoneの方が撮影ミスは少ないのかもしれない。
他人に見せる訳じゃないから、iPhoneで十分ということでもある。

でも、Macの大画面で見たらQ2とiPhoneで同時に撮影した料理写真は、比較してしまうからiPhoneのデーターは保存版としてほとんど採用できないで削除する。
比較しなければiPhoneでも綺麗に見えるのだが、Q2とiPhoneで私が同じ構図で撮影したらその差は雲泥の差がある。
うまそうな写真とまずそうな写真の出来上がりだ。

Nikon D850+標準ズームで撮る料理、Leica Q2で撮る料理は、どちらも共通して言えるのは実際に肉眼で見た料理以上に美味しそうに見える。
しかもスマホ写真のように誇張された造られた画像ではなくナチュラルな綺麗さだ。

それに対してiPhoneの料理写真は、iPhoneの画面上で見る限りは、一番綺麗なんだけど、Macの大画面で見ると明らかに誇張した質感、CPUに作られた画像であることが不自然になる。←あくまでもフルサイズのカメラと比較したらの話し。

iPhoneだと微妙な階調が無い、美味しそうな発色がない、実物がリアルに艶ってる雰囲気も出せない。

ちょっとした小物を撮影しても、iPhoneで撮る方が手早く簡単だけど、Macの画面で見ると何か立体感がないような気がするし、記録写真にはなるけど(そういう小物を買った的な記録)、写真として後でまた見たいなあと思う感じがないが、やっぱりQ2で撮った写真は全部良い感じがする。

iPhoneとフルサイズ比較は極端ですが

なんか今日の記事はフルサイズ機種の中でもそこそこ良い機種とレンズに対して、単なるスマホのiPhoneを比べる時点で間違いかも知れないけど、書きたいことは、

ど素人の私ですらも、良いカメラやレンズの性能は、結果から見て、日常のどうでも良い写真から一目瞭然である事を言いたかったのです。

下手だからこそ良いカメラを買う

結論は、私は子供たちのiPhone写真に負ける腕前ですが、下手だからこそ折角残したい旅行先の景色や料理など記念にしたい写真は良い機材で撮りたい。

構図が下手であろうと光の扱いが下手であろうとも、良い機材で撮った写真は圧倒的なアドバンテージです。
少なくとも構図などセンスのない私が自分で見る記録写真としては、機材の性能差が全てです。

それから私は若い頃からカメラが好きだからデジカメの黎明期の機種から使って、歴代の当時のアマチュア向けの最高ランク付近のデジカメをずっと愛用してきました。唯一プロ用だけは買ってませんけど。

そのデーターが今も残っているものもありますが、やっぱりその時代の最高ランクのカメラやレンズで残した写真は今現在のiMac Retinaディスプレイで見ても美しく、そうでもない価格帯のカメラで撮った写真はやっぱり酷いと感じます。

私の場合は、自分が下手だからこそ良い機材で撮りたいし、この先もカメラが趣味である限りはMacや画面も進化するので、それでも鑑賞に耐える写真を残すためにも良い機材で撮りたいです。

結論は、下手くそな私でもLeica Q2とかD850+良いレンズみたいな構成で使うのは圧倒的に助けられて、使いやすくて、ミスも減って、良い写真が増えます。

下手こそ良いカメラを買おう!

こんな進歩のない私でも良いカメラを買って無駄ではなく、価格以上の満足感があるんだと、今迷っている人の参考になったら嬉しいです。

腕に関わらずお薦め

LeicaQ2は高画素で手ぶれ補正もあるので、28mm以外にクロップで35、50、75mm相当の画角に対応します。

そしてマクロも。

画質が良くて、デザインも良くて、マクロから広範囲のレンズが内蔵されてる感じの便利なカメラです。

一般的に便利なカメラは画質はそこそこですが、Q2は画質もカメラの質感も妥協無し。

大口径広角レンズ、LEICA SUMMILUX F1.7/28mmなんてワクワクします。

私みたいな下手でもこのカメラは便利で写りも良く、そして上級者にも良いに決まってますよね。

ちなみに、この画角を私のもう一台のお気に入りNikon D850でカバーするには24-70mm F2.8標準ズームですが、重さも大きさも大違い。しかもマクロは別になるし、明るさも違う。

クロップだから本当の比較にはならないけど、それだけQ2は小型軽量で便利で写りも良いと感じてます。

私が使って良かったと思うカメラの一部紹介。

Leica
¥752,400 (2022/08/11 22:49時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
Nikon
¥213,000 (2022/08/14 23:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
Nikon
¥289,577 (2022/08/10 17:37時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

LeicaQ2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください