Leica Q2と日常写真の相性が良い

  • URLをコピーしました!

Leica Q2は日々の日記的な写真にピッタリ

一眼レフに比べたら小型軽量でスマホ連携も良いですし、マクロもクロップによる更なるドアップも可能なライカQ2は日常的な気軽な「おうちご飯」の撮影にピッタリです。

久々に単なるおうちご飯の記事です。

でもコッペパンは妻が色々とこだわりながら作ってくれました。
無農薬の国産小麦粉、表面に塗った卵黄とかも無農薬系の養鶏場の卵で、挟んだソーセージも良い物らしい。
ケチャップも無添加系にこだわるお店の取扱品だし。

そして何よりも妻の愛情が作ったコッペパンです。

縦横が細長いのは、クロップ撮影の写真から更に余計なエリアを切り出したからです。
それと中央重点測光になっていたので、お皿の白に引っ張られてコッペパンのケチャップが実際よりドス黒くなっていたのでDNGファイルをLightroomで自動補正したらちょうど良い明るさに戻った写真です。

ホットドッグ
ホットドッグはLeica Q2マクロモードとクロップ併用で撮影

おうちご飯カメラとしてLeica Q2の私の評価

Leica Q2 おうちご飯カメラ

レンズの明るさ
マクロモード搭載
マクロ+クロップで更に寄れる
フルサイズセンサーの恩恵
スマホ連携

文句なし

薄暗いおうちご飯の撮影でも明るいレンズなので、被写界深度を選んで自由自在。
フルサイズセンサーなのでボケ味を選ぶ事もできるし、暗い室内でも良い感じに取れる。
マクロモードとクロップモードの併用で小さな食品も大きく撮影できて、その場でスマホに転送まで完了できる。

5

Leica Q2とGR3が日常写真にピッタリ

なお、予算が許すならば、どちらかと言えば、間違いなくQ2が優れています。
お家ご飯など、日常のあらゆる瞬間で使うには、室内のあまり明るくないシーンも多いのでフルサイズセンサーの性能はやっぱり圧倒的有利でした。
高画素のQ2だから画素ピッチは大きくはないと思っても、やっぱりフルサイズセンサーはお金がかかっているからか?高画素でも暗い場所で圧倒的に差がありました。Q2はレンズがF1.7でGR3より明るいからでしょ?ではなくて、Q2でもおうちご飯などはF1.7なんて使わない(被写界深度が浅すぎるから)ので、F4くらいになるのであくまでもセンサー性能が違うんだと思ったのです。

Leica
¥752,400 (2022/12/02 20:05時点 | Amazon調べ)

私はライカQ2を買う前は、RICOH GR3が日常写真のメインカメラでした。
Q2を買うのはちょっと抵抗がある場合には、同じような利便性を感じられる高画質なコンデジとしてはGR3がお勧め品です。

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

ホットドッグ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!