MENU

Leica Q2の欠点その2

  • URLをコピーしました!

光学ファインダー好きにはEVFは違和感あり

ただ、欠点とは言うにはQ2のファインダーは十分な品質のEVFです。
そうは言っても、私は本当はカメラと言えば光学ファインダーなので、その観点から見たらLeica Q2のEVFが高品質であっても、やっぱりバーチャルファインダーな違和感があるので、私的にはここ(EVF)だけはテンションが下がる事がある。

Leica Q2視度調整の格納状態
素晴らしいEVFだと思う

Q2の利便性にはEVFが良い

だから設計としては正しい判断だと思う。

  • Q2のレンズにはマクロモードもある。
  • そこにEVFだからこその利便性があると思う。
  • そして、Q2は見た目はM型Leicaそっくりなのにオートフォーカスが(しかも色々なモード)搭載されている。

このコンデジとしての現実的な利便性も考慮した時に、この素晴らしい品質のEVFなら光学ファインダー好きな私でも妥協出来る。

なので、私は光学式のファインダーが搭載されたM型を諦めて(価格で諦めたと言うのでも無く、自分の使い易さ、Mのモノとしての魅力の天秤バランス)Q2で良しと思ってます。
でも、今でもモノとしてはM型には惹かれるのは確かです。

いつかハイブリッドのファインダーになったら

この話で個人的な夢を語るなら

Q2後継機にいつの日かFUJIFILMさんのX100シリーズみたいなハイブリッドファインダーが搭載されたら、その時はQ2から乗り換えたくなるかなぁ。

ならば待たずにFUJIFILMさんも買えば?

とか言われそうだけど、私も一度はX100(初代バージョン)を買ったのですが、その時のX100は私にはまだ使いにくかった。

その時にX100使わなくなった理由は、ハイブリッドファインダーには問題はなく、細かい使い心地でした。
小さなスイッチの操作性が私の指には悪かった、とか、ストラップのリングの脱着が私にはかなり難易度が高かった、とか、カメラの性能とか機能ではなく、使う上での心地良さ、ほんの些細な事で使わなくなりました。
私はカメラとかに関しては我慢強く出来無いので、こんな少しの事でも趣味を楽しむにはストレスになるからでした。
私の手の大きさも多大に影響してますから、あのストレス誰もが抱えるストレスでは無いと思う。
更にX100も現時点の世代まで進化したら変わったかも知れないが、私のが初代X100とは言え、複数箇所で気になったので、そこはやはり決められた価格の中に抑えるにはコスト的にLeicaの様には行かないのだと思うので、やっぱりこのままで良いかな。

結論

Q2唯一のテンション下がる点は光学ファインダーでは無い事ですが、Q2の性質として性能としてEVFが正解だから欠点と言うにはやはり無理があるのか?

一眼レフのファインダーが好きな私にはテンション下がるだけでした。

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

Leica Q2視度調整の格納状態

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!