Leica Q2とRX1RM2の比較記事を発見

  • URLをコピーしました!

マップカメラ スタッフさんによるフォトブログ

フルサイズコンデジのすゝめ ~ SONY RX1RM2 & Leica Q (Typ 116)

https://news.mapcamera.com/maptimes/%e3%80%90sony%e3%80%91%e3%80%90leica%e3%80%91-%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%b8%e3%81%ae%e3%81%99%e3%82%9d%e3%82%81%e3%80%80%ef%bd%9e-sony-rx1rm2-leic/

私はRX1RM2→Q2乗換派ですが、その私の2機種を実際に使った時の感想とこちらのマップカメラさんの記事を拝見した印象は一致してます。もちろんマップカメラのスタッフさんの方が明確に詳細に比較せてます。
ただ私の感性、カメラを見比べる眼は思ったより妥当な感覚なのかも?と嬉しくなりました。

特にこの辺り参考になった

両機種の写真で手前に花畑があって右後ろの遠い方に玉ボケの遠景がある写真など、花の発色と遠景のボケ味がかなり違っていて、私の場合はQ2が好みですが、人によっては赤い花の発色が派手に見えるRX1RM2が好きな人も多い気がします。

マップカメラさんの今回の比較記事は写りの比較メインで、操作性の細かな比較は無いのですが、私の記事は逆で使い易さにフォーカスしてたので、とてと参考になりました。

発色の好みに関しては究極的にはRAWで撮ればLightroomで自分の見た目の印象に近くするとか、好きな色にするなど可能ですが、出来れば撮ったままで自分の好み色にあっている機種、メーカーを選んだ方が撮影後の手間なく良いに決まってます。

皆様はどっちが好きでしょうか?

私の場合は、この写真だと元のリアルな景色を観てないから何とも難しいですが、私自身もRX1RM2とQ2を両方使い比べた印象とも合わせると、おそらくこの現場でのリアルな印象色は私の場合はQ2だと予想してます。

両機種とも素晴らしいのは確か

私も両方の機種を所有した印象として、塗装も含めて物の作りの素晴らしさは両機種ともに価格相応で素晴らしいと思います。

性能的にもレンズもセンサーもメーカーが渾身の力作だったんだろうと思うし、コンデジにこの価格と言われるのも2機種とも同じ評価ですが、価格相応の素晴らしさだと思う。

こんなに手軽に持ち歩けるカメラサイズでフルサイズセンサーと明るいレンズでマクロ昨日まであって、やっぱりコンデジと言って良いと思います。

私の場合はRX1RM2は女性向け(小さいの手の男性向け)コンデジで、Q2は男性の手のサイズにジャストなコンデジな気がします。

一般的な本当の意味での小さなコンデジはポケットに入れるためのサイズ感であって撮影時の持ちやすさが犠牲になっていると思うのですが、その点ではこのくらいのサイズ感のカメラの方が私は好きだったりします。唯一の例外はGR3であれば、あのサイズがぴったり使いやすいです。

Leica
¥752,400 (2022/12/02 20:05時点 | Amazon調べ)
ソニー(SONY)
¥459,052 (2022/12/02 23:02時点 | Amazon調べ)

カメラ選びは悩ましい

こうして比較記事を見ているとカメラを買うのって悩ましいですよね。
そこそこ高額なアイテムですし、使ってみて初めてわかる事も沢山あるし。
コンデジといえども買ったら最後、バッテリーやケースなど周辺機器も買うから総額はかなり高くなるし。
出来れば買って満足な選択したいですよね。

私の経験から思うのは、どっちも素晴らしいから悩むのであって、どっちを買ってもそれがベストだと思って使えば良いのだとは思います。

ただ、もし、買うときに、本当にどっちも甲乙つけ難いのだったら良いんですが。。

本当は、Q2が欲しい。

だけど、値段を見るとRX1RM2で我慢しよう。

とかGR3で我慢しよう。

とか無理に値段を優先して決めた場合は後々に後悔して最終的にどっちも買うってことになりかねません。

もし値段の問題で安い方にする場合は要注意だと思います。

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!