MENU

Leica Q2ユーザーから見てM11の羨ましい所

目次

ついにM型のフルモデルチェンジ

Leica公式ページより

私はLeica Q2ユーザーですが、M型Leicaには憧れはあるものの現実的に使い易さを考えて、年齢的にも老眼は無視出来ないし、今更レンズ沼を増やす事も躊躇しますし、手を出す気は今のところ無いです。

でも、今回のM11は今までのM型には無い機能でLeica Q2にも無かった羨ましいポイントが一つだけありました。

ケーブルによるiPhone対応が羨ましい

Leica公式ページより

Leica公式ページによれば、私が興味を引いた所は、この一点でした。

「ライカM11」は接続機能も強化されています。「Made for iPhone」「Made for iPad」としてApple社の認定を受けており、付属のLeica FOTOSケーブルで接続すればiPhoneやiPadでさまざまな機能を利用することができます。
さらに、2022年後半にはファームウェアのアップデートによって新たな接続機能が追加予定で、モバイル環境でのワークフローを強力にサポートするとともに、「Leica FOTOS」の機能性も向上し、画像への位置情報の追加やBluetooth接続による画像の転送に加えて、転送速度も高速化されます。

私はLeica Q2派ですが、iPhone対応の強化は羨ましいですね。

何故羨ましいか?

LeicaQ2もWi-FiでiPhoneに写真を転送可能ですが、Q2のDNGファイルは大きいので、一枚なら可能ですが、10枚くらいになると待つ気がしない長時間の転送時間です。

別にエラーにならないで転送は出来てますが、実用的とは言えない遅さですので、複数枚のDNG転送なら私は迷わずSDカードを取り出して、直接カードリーダーで読み取らせます。

今回のM11は、ケーブル同梱との事からiPhoneとの親和性は更に上がった感じですね。

よく考えたら、SDカードを取り出して転送する方が、カメラの電池を減らさないからQ2の方式も良いかな?ですけど。

まあ、私はM11は買わない(買えない)けど、もし、万一にも買うとしたら、私の好みはシルバーの真鍮ボディーですね。

私も装備の軽量化は必要な年齢になりましたが、それでもこの程度の重さなら真鍮が欲しいし、シルバーのボディーは好きです。

何故かQ2ならブラックが好きですけど。

iPhone対応は羨ましいけど、私のイチオシLeicaはやっぱりLeica Q2に変わり無しでした。

Leica
¥721,050 (2022/01/20 00:09時点 | Amazon調べ)

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
上に戻る
目次
閉じる