MENU

新型双眼鏡MONARCH M7 8×42に会うストラップ

  • URLをコピーしました!

モナーク付属のNikon純正ストラップは大げさ

この写真は箱から出した状態のストラップです。
ご覧の通りの肩パッドがあるくらいなので、一眼レフカメラでも十分そうな大きくてゴツいストラップが付属しております。

もしかしたらモナークシリーズでもボディーサイズが最大級の商品に対応する頑丈なストラップに全て統一しているのかな?と思うほど大きなストラップ。

私もせっかくなので最初は付属のNikon純正ストラップを使ってみたのですが、その装着当時の写真は撮り忘れたのですが、性能ぶら下げて長時間歩いても体に優しいので性能として良いんですが、一眼レフカメラ用みたいなストラップだから防湿庫に入れたり出したりする際に邪魔になってしまいます。

モナーク付属ストラップ

Nikon純正を使いたい気持ちもあったのですが、使用感の良い幅広ストラップは防湿庫の中では他の機種に干渉しやすく邪魔でした。

PeakDesign ピークデザイン リーシュを買ってみた

PeakDesign ピークデザイン リーシュ

小型軽量なカメラに最適なピークデザインさんのストラップですが、双眼鏡にも良さそうだと思いました。

ピークデザインは使い心地が良いがケースに入れると邪魔

付属ケースに入れるにはコネクター部分が意外と邪魔になる

こちらのピークデザインのリーシュはサイズとしてはモナークにもピッタリでした。

長さ調整も簡単で、その日の服装(薄着、厚着)によっても最適な長さにできます。
モナークとの相性抜群でした。

ただ、私は気になってしまった。

モナーク付属ケースに入れて持ち運ぶ際は、このコネクター部分が意外と大きく感じてケースがギチギチになってしまった。

そこでケースに入れる際、ストラップを取り外して行こうと思ったが、ストラップが無い双眼鏡はケースに入っていると言えども持ち運びに難があって、落下させて壊しそうでした。

モナーク本体を傷つけそうで気になった

更に、双眼鏡はレンズキャップを外している時間が多いのですが、ストラップの伸縮機能を持っている部品が、アルミニウムか何か?固そうなエッジのある部品なので、ちょっとこれが気がかりでした。

伸縮簡単で良いけど、ケースに入れた際に硬い部品が気になる

最後の賭けACAM-307N BLK 10mmテープ接続タイプ シルクストラップ 

‎ARTISAN&ARTIST(アルティザン アンド アーティスト)のシルクストラップシリーズは、私がライカQ2に愛用して大満足しておりました。

今回最後に購入したストラップはそのシリーズからACAM-307N BLK 10mmテープ接続タイプのシルクストラップです。

ARTISAN&ARTIST(アルティザン アンド アーティスト)
¥14,300 (2021/12/18 12:48時点 | Amazon調べ)

この会社のシルクストラップは価格た高い事から質感の高さ、機能面でも小さく丸めて使える、長さ調整もその方法で結んだり簡単に出来ます。

防湿庫に入れる際も小さくまとまるので、他のカメラやレンズに引っ掛かって落下事故なんてことも防止できます。

上記のピークデザインさんの物にあったモナーク本体を金属部品が傷つけそうなデメリットも無くなります。

‎ARTISAN&ARTIST(アルティザン アンド アーティスト)の双眼鏡に合うストラップ発見

このストラップが双眼鏡に良いと感じた理由ですが、 Q2に購入したストラップは先端が丸い金属リングでカメラのストラップホールに接続するタイプですが、今回のストラップは平たいナイロンそのままで双眼鏡のストラップホールに最適でした。

現行品の新型モナーク

旧型モナークも在庫処分でお買い得になる可能性

旧型(10/8以降旧型になる)をお買い得にゲットするならこちらですね。
今の時点でも(2021/10/05)、30mmも42mmも、三万円台で買えるのでお買い得ですね。

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!