LEICA MとQが別な存在のようにNikon DとZも別な存在として

目次

NikonのDシリーズ(Fマウントのデジタルカメラ)はZには無い魅力がある

私の個人的な希望なのですがNikonさんもDシリーズについてライカさんのM型みたいなスタンスで、別格、別なシリーズとして並行して存続だと嬉しいです。

ライカは、MシリーズとQシリーズを伝統的なレンジファインダー(光学ファインダー)と今の時代のEVFな扱いやすいカメラと、それぞれに別な魅力あるラインとして出し続けてます。

比較では無く各々の魅力

MとQは、性能比較では無く、伝統的な趣味性の高いモノと新しく先進的なモノそれぞれに違う価値あるモノとして扱われている気がします。

M型の魅力はレンジファインダーとレンズ交換
Q2の魅力は防塵防滴とフルデジタルな利便性

NikonのD850などの一眼レフ上位機種の光学ファインダーは、この先もきっと末永く素晴らしい趣味性があると思う。
ZシリーズのEVFが進化しても、EVFはあくまでもCPUが解釈した架空の被写体なので、光学ファインダーは別なモノだと感じます。

Zシリーズの方が効率的にミスの無い撮影が出来たり、レンズも高性能だと思うけど、スペックと利便性で言えば叶わない。

カッコいいペンタプリズムと大きなミラーによるメカニカルなボディー。

Dシリーズは電源入れなくても、カメラを構えて撮影の雰囲気を感じられる等、このレンズとカメラは、やっぱりフィルム時代から変わらぬカメラらしさがあります。

これからも並行して開発される事を期待してます。

この先、NikonさんでもDシリーズとZシリーズは、ライカみたいなスタンスで並行して開発してくれたらと願う気持ちです。

どちらかと言えば、Nikonさんは、他社に遅れをとったZシリーズに注力して、Fマウントのデジタルは先の見通しが暗い気がするのですが、光学ファインダーのDシリーズは、今後もLeicaのように両方の系統が大切にされてゆくと嬉しいなあと思って独り言でした。

でもDシリーズにもスペックと利便性を超えた趣味のカメラらしい魅力はこの先も不滅だなぁと。

そんな事を言っても、無理に両方にリソースを割いてNikonさんが体力尽きたらNikonユーザーとしては一番困るのですが、Zシリーズが軌道に乗ったら是非ともDシリーズもライカブランドみたいに特に魅力ある上位ラインだけでも続投してくれたらなと思います。

私自身は現時点ではD850で十分に満足しているので、今の時点でこれ以上に何を望むと言うこともないのですが、次の買い替えの為に、一眼レフが終わりだと寂しいのです。

もし次の機種が欲しいと思った頃に、D850にGPS内蔵した新型とか、D850の低画素で高感度バージョンとか、Df的なバージョンとか出ていたら嬉しいんです。

Nikon
¥307,700 (2021/12/03 16:11時点 | Amazon調べ)

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
上に戻る
目次
閉じる