双眼鏡買った途端のモデルチェンジMONARCH M7

目次

買ったばかりのタイミングでモデルチェンジ

Nikonホームページより

旧型(今日現在は現行品ですが、数日したら旧型になる)購入時の記事がこちらです

買ったばかりでも欲しくなる新型モナークM7モデル

2021/10/07発売のNikonの最新型の双眼鏡M7シリーズが欲しい!

明るいレンズを買ってみたい

新旧の違い以前の問題だが、私は星空観測にも双眼鏡を使いたい意図があるので、レンズが明るい大口径の双眼鏡に買い替えたい願望がある。

MONARCH 7-8×30(旧型下位機種)

クリックで拡大

MONARCH M7-8×42(新型上位機種)

クリックで拡大

先日購入したのは対物レンズ径30mmモデルなので、星空観測には明るさ抜群な大口径42mmの上位モデルを買って見る価値がある。

レンズの明るさとは?
レンズが明るいほど夕暮れや星空など人間の瞳孔が開く状態で性能差が出てくる。

アイレリーフが長くなった点もメガネな私には嬉しい違い。

アイレリーフとは?
接眼レンズから目が離れても視野全体が見える性能なので、メガネを使う人には特に大きい数値が望ましい。

42mmモデルは新型で性能アップした

上位機種の大口径42mmモデルは、現行42mmモデルに比較して実視界が拡大された。
つまり光学系が刷新されたかも?
(ちなみに下位30mmモデルは新旧で光学スペックに差がなく、撥水・撥油コーティング、視度調整ロック、外観変化だけなので私にはインパクトに欠ける)以外に違いが分からない。

MONARCH 7-8×42(旧型上位機種)

クリックで拡大

MONARCH M7-8×42(新型上位機種)

クリックで拡大

手持ちMONARCH 7-8×42(旧型下位モデル)からMONARCH M7-8×42(新型でグレードもワンランクアップ)にすると大きな違いを感じる可能性

私が旧型下位機種MONARCH 7-8×30から新型上位MONARCH M7-8×42を買ったら充分嬉しいのではないか?

たぶん買います新型の上位機種MONARCH M7-8×42

新型の上位モデルを買うデメリットは、たった一点のみで、価格がほとんど定価に近いこと。

今2021/10/05現在、私が買う予定の最新機種は約五万円もしますが、旧型なら42mmモデルでも三万円台で買えちゃうので、私みたいにどの程度使うのかも分からない場合には旧モデルで十分なのかも知れません。

ただ、Nikon モナーク双眼鏡は物も良いし、一度買ったら一生モノになると思うので、ここは最新モデルにしても良いはず。一生物って考えたら今買う時の差額は長い年数で見たら無視できるかな?

一方で旧型も在庫処分でお買い得になる可能性

旧型(10/8以降旧型になる)をお買い得にゲットするならこちらですね。
今の時点でも(2021/10/05)、30mmも42mmも、三万円台で買えるのでお買い得ですね。

Nikon
¥35,000 (2021/10/13 16:05:51時点 | Amazon調べ)

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる