Nikon D850に50mm単焦点を買わない理由

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

Nikon純正の中で選ぶ選択肢

私はD850、D810に合わせて、純正50mm単焦点レンズが欲しかったのですが、純正のFXレンズから候補としては以下の2本。

Nikonの純正50mm単焦点はF1.4とF1.8が売られてますがF1.4も驚きの低価格です。
これがNikon純正のF1.4シリーズとは信じられないほど安価です。

しかし全く嬉しく無いのは、純正F1.4シリーズとしては珍しく金色のラインがないレンズで、それはすなわちナノクリスタルコートも施されていないF1.4シリーズではレア物なこと。

Nikon
¥59,840 (2024/06/05 20:04時点 | Amazon調べ)

私の場合は、先に以下の標準ズームを購入してあるので、果たして上記のF1.4のレンズが単焦点のアドバンテージをきちんと出してくれるのか?不安がありました。

他の画角(20mmなど)ならF1.8を買ってますが、その理由はF1.4だと大きく重いからでしたが、50mmに関してはF1.8を買う気はありませんでした。何しろF1.4でも軽いから、それなら明るくボケも多いF1.4を選びたい。

ちなみに50mm以外の24mmとかの単焦点レンズは、F1.8は小型軽量安価で、F1.4になるとガラスの塊みたいな重さと20万円オーバーの価格でプロ仕様みたいな感じです。

普通だと、この小型軽量か重量級プロっポイの2種類から好みで選べるのですが、Nikon純正の単焦点では唯一?50mmだけは、F1.4でも安価で小型軽量でナノクリスタルコートされた金色マークも無く不思議なグレードでした。

50mmと言う焦点距離は、私の手持ちレンズだと既に大三元標準ズームAF-S 24-70mm F2.8もあるので、この安価な50mmを購入した場合に、ズームレンズの方が単焦点レンズより良いと感じたら悲劇。

無駄買いになっても嫌だなあと、50mm単焦点レンズは保留状態でした。

もちろん、画質が同等だった場合でも単焦点なら小型軽量のメリットは残るのですが、私の場合は単焦点使うならレンズ交換の手間代償として、ズーム比較で明らかな画質のアドバンテージも欲しいのです。

私は、NikonのDXフォーマットからFXフォーマットに切り替えるときに思っていたのは、せっかくレンズもカメラも一式揃え直すなら、今後は全部金色のリングがあってナノクリのマークも付いた上位モデルにしたいという方針でした。

ちなみに、ど素人な私がナノクリに拘る訳ですが、ナノクリの有無で車のボディーを比較撮影した時に、明らかに、色、輝きの質感で差が出た記憶に残っており、ナノクリの効果は美しい輝きに対して明確だと思ったからでした。
あるいはナノクリスタルコートだけの違いではなく、レンズ全体として品質が高いのがナノクリの施されたレンズとも言えるのかも?
いずれにせよナノクリ印があったら安心だなと。

やっぱり単焦点の標準域が欲しい

最初のうちは大三元標準ズームで50mm付近をカバーすれば良いと思っていたのですが、標準ズームは重たいので軽い単焦点で50mm付近もやっぱり買っておこうと思いました。

50mm純正はナノクリ印なしの為の代替案

  • Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
  • Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S Micro 60mm f/2.8G

この2本なら画角が50mmに近いですし(実際は違いを感じますけど)ナノクリ印だから信頼できそう。
さて、どっちか一本を買うとなると悩ましい。

マクロが使える60mmを優先するか?
58mmの大絶賛される描写とF1.4の大口径を優先するか?

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gを買ってから分かった長所短所

58mmは私のような下手な人間でも綺麗に写る魔法レンズでした。
家族も知人も私の写真が以前とは比較にならないと大絶賛されました。

NikonのHPから引用すると
高い点像再現性と自然なボケを両立する大口径標準単焦点レンズ。高い点像再現性と美しいボケ味で空間を独創的に描写する、大口径標準単焦点レンズです。夜景撮影では、開放絞りで画像周辺部の点光源までも「点」に描写し、人物や静物の撮影では、被写体の佇まいを魅力的に描きます。相反する特性が写真表現の楽しさを拡げます。

しかし、欠点は、近寄れないレンズであること。
それとボケ味が綺麗と言うかボケが優先されるレンズだからかと思うのですが、ソフトな写りになるので写す対象によってはピンボケとか昔のカメラ見たいな気がしました。(長所と短所は表裏一体)

小型軽量でF1.4の明るい特性を利用して、薄暗いディナーのテーブルフォトにも使おうとしたのですが、近寄れないのとソフト過ぎる描写で料理にイマイチ感もあって、これはやっぱり精細な写りと近くに寄れる点からマクロも欲しいとなりました。

結局、60mmマクロも買う

58mmと並べると60mmはレンズ前玉が結構小さいく感じます。F1.4とF2.8の差は見た目にも大きい。

左が58mm 右が60mm

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S Micro 60mm f/2.8G の買ってわかる長所短所

60mmマクロは超便利でした。普通に単焦点レンズとして扱うにも小型軽量で扱いやすい。
マクロだから当然近くまで寄れる。
50mm標準レンズとしてはF2.8は明るいとまでは言えないがそれでもまあ明るい方です。
ミニカーとかを精細に写すにはライカQ2の簡易マクロモードよりも抜群に本格派。

標準レンズ代わりにどこでも使おうと思うと、見た目的に、レンズ前玉の直径がめちゃ小さくて安っぽい印象があります。
私にとってのカメラは物自体が好きで趣味になったようなものなので、見た目のテンションは大事です。
小型軽量で便利ですが高級感がちょっと足りないような?
このレンズはやっぱりマクロ専用になりそうで50mm代替品として常用持ち出しレンズでは無い。

私の結論

私の場合に、Nikon純正の標準単焦点レンズの代替案は58mm F1.4になりました。
若干、50mmより画角が望遠寄りになりますが、圧倒的な美しい写り、ボケ味が魅力的です。
将来的に50mmの素敵で軽そうなレンズが出たらそれを買った可能性があるのですが、Nikonは既にZマウントに力を注がないとダメな時代なので、Fマウントの新しい50mmは期待してません。

58mmと60mmは画角が近いので当初どっちを買うか迷ったのも仕方ないのですが、両方買ってみると比較する対象ではなく、元々が別個に両方必要だったと思います。

私の結論は、Nikonの標準レンズとして58mm F1.4になりましたが、コスパを重視すれば純正の50mmのF1.8またはF1.4になるのだとは思います。

でも予算が許す場合は、58mm F1.4は撮影する本人も被写体になった人も明らかに違いを感じる美しい奥行き立体感のようなものがあって高くても買う価値があると思います。

50mmに比較して凄く高額ですが、そうは見えない見た目が惜しい(笑)。

画角も50mmと58mmは同じ50台で数字的には近い様ですが、実際の写りで見ると、それなりに画角が違うとは思います。
結果的に標準ズームも併用して補ってます。

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!