一眼レフの好きなところ

ミラーがあるのが好き
目次

ミラー好き

私は、子供の頃から鏡、望遠鏡、双眼鏡、ルーペ、顕微鏡、万華鏡など光に関わるアイテムが大好きでした。
とても興味を惹かれて、日常的に触れて遊んでいた記憶があります。

一眼レフカメラを触るようになってからは、シャッター音も大好きで、カメラ全体の機械的な作りに惹かれるようになりました。
その中でも、子供時代から好きだった双眼鏡や望遠鏡と同じような構造で、光をただ素通しで見せてくれる、このミラーやペンタプリズムはうっとりします。

このミラーが高速シャッターに合わせて上下するなんてかっこいい。

そして、このミラーとペンタプリズムのおかげで、もっと言えば素晴らしいNikonレンズや素晴らしい接眼レンズもあって、嘆願今日のような気分でカメラの電源をオフであっても楽しく遊べます。

この光学製品らしい作りが光学ファインダーに私が惹かれる子供時代からの変わらぬポイントだと思います。

時代は違う様子

私の好みが光学ファインダーであっても、時代は私の都合に合わせて進むわけじゃないです。
ミラーレスが最高と言われる時代に突入したので、そうなると私の大好きなミラーやペンタプリズムは邪魔だと言われる存在になってしまった気がします。

レンズの設計にはミラーレス構造の方が良いと言われるし、実際にレビューを見ても、性能としては大きな差が出ている様子。
私もミラーレス一眼は今でも手元に2台残しているし、この先にフルサイズのミラーレス一眼を買うかもしれないけど、やっぱりカメラってイメージは今でも私には電源を切っても単眼鏡のように素通しで見ることができる方式が好みなんです。

Leica Q2で確信した好み

私はLeica Q2は一生涯使いたいほど気に入ってしまったカメラです。そのお気に入りの理由は度々書いているし、この先も記事が増えると思います。
私が使うほどに好きになる珍しいカメラなので。

フルサイズセンサーとライカ単焦点レンズの組み合わせの画質は最高だと思うし、これってフルサイズのミラーレス一眼(レンズ交換式)を買った場合に、広角レンズを搭載した雰囲気そのものです。

大好きなQ2ですらも、EVFを通した撮影は、私の気持ちとしては撮影の楽しみが半減してます。
やっぱり光学ファインダーで、性能的にはミラーレスに劣るとしても、どうしても捨てがたいのが光学ファインダーだと思います。

オートフォーカスとか便利な自動機能は今現在のQ2やD850くらいあるのが私のベストバランスで、これ以上の進化はない方が良いくらいに思っているのですが、ありえないと思うけど、Q2後継機にM型のようなファインダーが搭載されたら、その場合はきっと買い換えると思います。

それならM型を買えば良いと言われそうだけど、私はQ2程度のデジカメらしい利便性が欲しいのと、小型カメラに関してはレンズ交換する必要性を感じないタイプの人なので、M型は実際は買うほど萌えってならないのでした。
物として観賞用としては欲しいと思ってしまうけど、さっぱり使わないうちに故障させても気の毒です。

一眼レフの魅力(私にとっての)

「私は、ミラーレス一眼より一眼レフが好き」
と何度も書いてますが、その明確な違いは、目の前の景色、リアルな光をガラス素通しで直接的に見る光学ファインダーが好きだからです。

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる