やっぱり一眼レフが好き

目次

手持ちカメラの一番はLeica Q2

今日現在、手持ちのカメラで一番好きなのはライカQ2です。
その理由は沢山あるし、沢山書いたけど、日々増えるので、また書きたいと思うほど大好きなカメラQ2です。

それは、置いといて、今日は一眼レフの話をしたくなりました。

やっぱり一眼レフが好き

時代はミラーレス一眼ばっかり騒がれていて、ミラーがある従来の一眼レフが時代遅れとか性能が悪いようなイメージになってます。

しかし、私はカメラは性能を追求するだけの機材ではなく、見て、触れて、操作して、その間が趣味だと思ってます。

素人の戯言ですが

カメラは性能を追求するだけの機材ではなく、見て、触れて、操作して、その間が趣味だと思ってます。

性能が一番大事なのは、プロカメラマンだと思います。
私にとっては性能は今までの一眼レフで十分に素晴らしくて、フィルムカメラ時代を超えていると感じます。プロから見たらフィルムの素晴らしい領域は別次元かもしれないけど、私にはD850の高感度性能はフィルム時代には撮れない場面で活躍するし、美しい発色はフィルム時代にはプリントするお店次第だった印画紙の色と違って、自分でLightroomで調整も出来るし、沢山撮れるし。

性能が十分だとすると

私のカメラに求める最重要な部分は趣味として、使って楽しい、見て楽しいことなのです。

一眼レフカメラは、その重量感、ミラーの作動音、高額ファインダーを通して見えるリアルな対象物の光。
どんな写真になったか?観ることもなく撮影するD850のスタイルが大好きです。
純粋にフィルムが電子部品に置き換わっただけのD850が好きです。
D850はデフォルトでは撮影した時にプレビューされませんので、光学ファインダーだけを観て撮影です。
帰宅してMacに取り込んで初めて結果を見ます。

このあたりもフィルムカメラを彷彿とさせます。

なんといっても光学ファインダーの見え方は、ミラーレスカメラの液晶画面とは違います。
ライカQ2も定評ある液晶ファインダーですし、カメラ売り場で見ることが出来る最新型のミラーレス一眼のファインダーも見て触れてます。

でも、人間の目は凄いもので、あくまでも天然自然な光学ファインダーと液晶ファインダーは違う光を観ていることが明確に伝わります。
私はオリンパスのミラーレスを使って気に入っているし、Q2も光学ファインダーですし、そのメリットも重々承知の上で、やっぱり一眼レフの光学ファインダーが大好きです。

Nikonの素晴らしい一眼レフは永遠

是非ともNikonさんは一眼レフを今後も出して欲しいです。
今は色々大変そうだから力を入れることが出来ないかもしれないけど、今までフィルムカメラとレンズを出していたように、一眼レフも長く安心して使いたいです。
一眼レフならNikon!と言うイメージが今後も確固たる位置であれば、きっと、LeicaやRolexなどのブランドのように、趣味性の高いアイテムとして、Nikonの一眼レフが永遠にブランドとして大事にされるんじゃないかと。

created by Rinker
Nikon
¥299,850 (2021/08/01 17:08:12時点 Amazon調べ-詳細)

個人の考えで書いてます

自分の価値観で、良い悪いと自由に語ります。
これが誰に対しても正しい意見じゃないです。
Amazon等リンクも参考程度で見てください。
リンク先のミスもあるかも知れないし、良心的なお店かどうか最終的な判断はご自身で確認してくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる