RX1RM2対Leica Q2対決(2)操作性

RX1RM2対ライカQ2

RX1とQ2における操作性の違いについて

写真を撮る道具としてカメラは、握り易さ、スイッチ操作性、触れた感触、この五感に感じるカメラの感じと自分との相性は外せないお気に入りポイントです。

そして、その良し悪しは、人それぞれの手のサイズ、持ち方、カメラを持って歩く距離の長さ、好きな撮影シーン、マニュアル操作が好きかオートが好きか?で個人個人で評価が異なる部分だとは思います。

性能なら数字で優劣が決まりますけど、操作する感覚は人によって優劣が違う部分。

だから、このページは私の主観的評価です

私はこの前提で評価しました

  • 私の手のサイズは、男性の中でも大きめです。
  • 手袋を買う時はLサイズ。
  • カメラを持ち歩くシーンは、ハイキング的な場面、旅行、日帰りドライブ、お寺やお城を巡るドライブです。
  • 風景と食事と妻や娘の写真を撮ることが多い
  • カメラの設定は基本はピント、絞り、シャッター、ホワイトバランス、ISOと全てがオートです。
  • それでもマニュアル設定にする事が多いのは絞り優先AE。
  • マクロやテーブルフォトで稀にマニュアルフォーカスにする。
  • RAWデーターが自分のメイン資産と考えるが、現像が下手なので、出来ればカメラ自体のJPEGで済ませたい望みも持ち合わせる。
  • RX1やQ2やGRでは単焦点レンズ固定式だからズーム代わりのクロップ撮影を多用する。
  • クロップよりもMacの画面上で後からじっくりクロップすれば良いと言われる場合があるけれど、後になってはその時に撮影したかった画角なんて覚えてないから、その場で完結したい。
  • 本当は画角だけじゃなく、色の調整などもその場で完結したいので上手になったらRAWに頼らずJPEGで終わりたいと夢見ている。

RX1RM2は私の手には
小さ過ぎた

残念な私

小さくて持ち難いのは購入前から想定した範囲内でした。

だから同時購入で、RX1RM2純正の金属製で折り畳みしきのかっこいいサムグリップも買ってあるのでした。

だったら大丈夫かと思いきや。。。。サムグリップを付けても持ち難いのでした。

もちろん、さすが純正のソニー製のサムグリップは高級感もあるし、折り畳めばコンパクトになって純正の皮ケースに入るしで見た目的には最高のガジェットですが、私の手のサイズにはそれでもダメだった。

私の手のサイズだと
rx1rm2は小型である事が仇となり持ち難い

私の手のサイズでも、RX100シリーズなどの普通のコンデジなら小型でもあまり問題にならないのに、なぜRX1RM2ではダメだったのか?

RX1RM2はフルサイズのイメージサークルの明るい大口径レンズなので、レンズ自体が非常に重たい。
もちろんフルサイズ一眼レフの大口径単焦点レンズとして考えたらRX1のレンズは十分に小型軽量なのですが、ボディーが小さなコンデジらしいコンデジサイズの小型ボディーであるRX1には大きくフロントヘビーはバランスの悪い組み合わせでした。

せめてグリップが大きいなら良いのですが、購入時のRX1は小さなグリップしかないし、このクラスのレンズを片手で振り回せるレベルではない。
更に私の手のサイズとのアンバランスから気分良く持ち歩くことが出来ずに疲れるのでした。

純正サムグリップについて

純正サムグリップを装着しても、親指位置は定まるけれど、ボディーが小さいので、右手全体としての握りは浅くなりダメ。
私の手のサイズにはシックリ来ない事は改善されませんでした。

RX1RM2のサムグリップTGA-1
持ちにくく操作性が気に入らない

巨大なグリップ付きの革製ケースも
あるが私は嫌だった

残るは、社外品ケースで大きめのグリップが内蔵されたタイプを買うか?とも考えましたが、これだとグリップ性能が良くなる一方では、そのケースを付けたらRX1RM2のボディーが大きくなるのと同じ事になる。

Q2比較のRX1のメリットであった小型軽量である元々の意味がなくなります。

ここまで明確に「小さ過ぎる」と書くと、RX1のコンパクトボディーは欠点にしか見えないと思いますが、私よりも手が小さい男性や女性なら持ちやすい人もいる可能性があります。

小型RX1RM2がライカQ2より重く感じるぞ

私のいい加減すぎる主観でRX1の重量に関して「体感的に重い」と私は書きましたが、スペックを見れば数字ではライカQ2より軽いし、フルサイズセンサー機種としては絶対軽量です。
しかし、見た目がコンデジの範囲内で、その見た目からギャップがあって余計に体感が重く感じるのでしょう。

RX1RM2は小さくてグリップが私の手には合わない為に更に重く感じてしまいます。
持ち難いので、RX1を落とさないように緊張して余計に力んでしまって疲れます。

それが心地よい重量なのか?
楽しい旅行の散歩で邪魔に感じる重さなのか?

私の主観で言えば、RX1RM2の小さく持ち難いグリップ、見た目に反して重たい感覚から、長時間歩く場面ではRX1RM2の重さと小型ボディーが苦痛になって来ました。

最初はかっこいいと思った超小型軽量なボディーだったのに。。。。

バッグに常に忍ばせる人にはRX1RM2

もし、毎日カメラを仕事鞄などに入れて、撮影目的が無いとしても、常に持ち歩きたい人には、RX1RM2レベルに小型である事が正義である場合もあります。

その場合は滅多に来ない撮影時の持ち易さよりも、仕事カバンに入れても邪魔にならない事が重要です。

プロのカメラマンでも無い普通の社会人、日常生活の中では、一日に一度もカメラを取り出さない可能性も高いけど、それでもこのRX1RM2なら毎日持ち出す仕事カバンに入れても良いだろうと思います。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥349,943 (2021/05/09 01:30:04時点 Amazon調べ-詳細)

ボディーサイズに私の結論

仕事用カバンに入れて、平日も含めて日常生活の中で持ち歩く人は、RX1RM2の小型サイズが正義かもしれません。
しかし、私はそこまで持ち歩かないし、手が大きい私の場合は使う時の気分が邪魔して徐々にRX1の愛情が減ってしまってダメでした。
そこを改善しようとサムグリップ付けても効果は完全ではなく、さりとて社外品で大きなケースに入れて改善したらQ2買えば良かったとなる。
そして私はQ2を買いました。

これから購入される方の参考になれば幸いです。

Q2は軽く感じる

最初にRX1RM2は重く感じて嫌だったと書きましたが、このQ2は逆で軽く感じます。
良いものは身につけても軽く感じるのか?そんな気がするカメラです。
もちろんサイズ感と重さが一致するからだと思いますし、RX1の場合は見た目の錯覚から実際の重量が重いと相対的に思ってしまうだけだと。
実際のカタログスペックの重量がどうなのか?両者の重量など見てません。
それでも、体感的にはQ2が軽く感じるのは私の感覚では本当です。
先日は東京ディズニーシーで夜20時まで、このQ2をぶら下げて遊んで来ましたが全く平気でした。

created by Rinker
Leica
¥668,900 (2021/05/09 17:09:18時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったらFollow

投稿者プロフィール

カメラとduffyが好き
カメラとduffyが好き田舎のカメラ好き
Leica Q2を田舎者が購入しようとしても、Q2もQすらも在庫も展示もどこにも在庫なく、見る事も触れる事も出来ませんでした。
展示品が無いとしても、せめて購入前提で実機を見て触れてから安心して購入したかった。
でも私はLeica Q2を買って良かったと思うので、田舎の仲間にシェアしたい。
ライカQ2の素敵なポイント。
買ってわかった素晴らしい部分をご紹介するブログです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です