スポンサーリンク

懐かしい昔の愛機たち

スポンサーリンク
スポンサーリンク

懐かしい写真が出て来たので投稿

D7100 GR E-M1

この写真にある昔の愛機は既に手元にありません。
手放した理由は、一番欲しかった、Leica Q2をいよいよ購入したから、他のカメラの出番が減ることもありますが、ライカQ2が予想以上に万能だから必要となる場面が少ないことも理由です。

ライカQ2までの道のり

左からニコンD7100、オリンパスE-M1、リコーGRです。

それぞれに素晴らしいカメラです。

でも、実は、これらを買う前からライカが欲しい気持ちがありました。

当時はまだQ2は無かったと思いますが、それ以外のライカのデジカメが欲しくてライカに憧れるようになっていました。

GRは最もライカを意識して購入したカメラでした。
短焦点レンズでRAWファイルとしてもライカと同じでアドビの標準的なフォーマット。

E-M1はライカとは対照的に手軽に手ブレなく取れて便利で最先端なカメラだから書いました。私は別段ヘビーな使い方をしないので、防塵防滴が最強のオリンパスのProクラスは不要だったのですが、ライカ欲しさを誤魔化すために敢えて反対サイドに振った買い物でした。

D7100も同様にライカと反対サイドに振った選択肢でした。
一眼レフのレンズは超広角から望遠まで多岐にわたるしズームも便利だし、オールドなイメージのライカとは全く違う世界観です。

この後も国産カメラを色々物色して、そのさきにライカQ2ですが、とりあえず、この懐かしい写真が出て来たので投稿させていただきました。

今でも、これら三台は素晴らしいと思ってます。良い思い出をたくさん一緒に過ごしました。
でもライカQ2がパーフェクトで便利すぎて、それでいてライカらしい持っていて嬉しい素晴らしい質感もあるので、二度とこれらを買う事が無いような気がします。

ニコンだけは別路線ですので、現在はD850を使ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました