ファインダー保護シートを貼った

Leica Q2の話題

ファインダー保護

ライカQ2のファインダーはこんな美しくカッコいいのですが、万一の場合の修理費用を考えると保護シートも貼って安心して利用した方が良いと思います。

修理費用が高いのは、防塵防滴構造であれば一体化してあっても当然だし、元々カメラ本体の金額からみても妥当な修理費用です。

詳細はこちらの記事参照ください。

ライカQ2のファインダー保護

シート貼るならまず清掃

メイン液晶もシートを貼るなら清掃は必須ですが、ファインダーも勿論清掃しましょう。
特にファインダーはゴムが外周にあって、窪んでいるので意外にも清掃が難航しました。

窪んだファインダー清掃に使った道具

私はレンズ面、ファインダー、保護フィルターの三箇所に対応している三本セットにしました。

今回は特にファインダー清掃なので、角張った隅っこなど考えるとレンズ用では大きすぎるし、保護フィルター用も大きいから真ん中部分にしか使えない。3本セットで良かったと思います。

小さなペンが活躍

こんな感じで小さな清掃ペン先も同梱されているのでファインダーにも使えました。

反対側はハケが入っているので、単なる埃はハケで十分で、顔の油などの汚れだったら、この写真の様なクリーニングペン側で軽く擦ります。

清掃してから貼りました

貼った後の写真です。
布で擦ったので、再びゴミが周囲に付着してますが、綺麗に貼ることが出来ました。

投稿者プロフィール

カメラとduffyが好き
カメラとduffyが好き田舎のカメラ好き
Leica Q2を田舎者が購入しようとしても、Q2もQすらも在庫も展示もどこにも在庫なく、見る事も触れる事も出来ませんでした。
展示品が無いとしても、せめて購入前提で実機を見て触れてから安心して購入したかった。
でも私はLeica Q2を買って良かったと思うので、田舎の仲間にシェアしたい。
ライカQ2の素敵なポイント。
買ってわかった素晴らしい部分をご紹介するブログです。

コメント

  1. […] ファインダー保護シートを貼った […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました