今も大好きLeica純正Ettas コーティング済みキャンバス Q2 ポーチ ミッドナイトブルー

Leica Ettas コーティング済みキャンバス Q2 ポーチ ミッドナイトブルーLeica Q2の話題
Leica Ettas コーティング済みキャンバス Q2 ポーチ ミッドナイトブルー

以前にも載せたライカ純正のQ2にぴったりサイズのポーチですが、あれから月日が経過しての再レビューです。

相変わらず、とても使い心地が良く、劣化も見られず、香りも今も革っぽい香りで良い感じです。

Leica Ettas コーティング済みキャンバス Q2 ポーチ ミッドナイトブルー
Leica Ettas コーティング済みキャンバス Q2 ポーチ ミッドナイトブルー

長く愛用できそう

この調子だと、このポーチはライカQ2と共に末長く愛用できそうな気がします。

この純正ポーチの価格は、この単純構造のカメラケースにしては高額だと思います。

もしも、ライカ純正ケースに拘らず、そしてQ2が入ればどれでも良いと考えて、素材も気にせず、ヨドバシとかで社外品を物色したら、数千円でも使える物があるだろうとは思います。

だが、しかし、

せっかくのLeica Q2を持ち出す時に、安っぽい変なケースに入れたらテンションが駄々下がり。

気分良くお出かけしたいなら、この純正が良いと思ってます。

長く愛用する前提なら、3万円の価格も年間で割り算したら、そこまで高い事でもないし、カメラ本体の74万円?と言う価格を考えたら、妥当と言えるケース価格の範囲内。

実際に使って嬉しかった

長く愛用して来て、常に感じるメリットですが、カメラ本体だけな場合と、ポーチに格納した場合でサイズ感が変わることなくコンパクトに持ち出せることです。

純正革ケースなどで良くあるパターンは、ゴツイ革ケースは、装着するとカメラ自体のサイズ感と比較して、巨大化することがあります。

このQ2用のポーチは、素材が薄いので、カメラに装着した後もサイズUPなく、本当にライカQ2のサイズのまんまです。

しかも内側はビロード状になっていて、薄くてもカメラそのものを大切に保護します。

購入して月日が経過して、何度も持ち出して使って見て、やっぱりこの組み合わせで良かったと思ってます。

もしライムマシーンで時間が戻せるとしても、ライカQ2とケース買うならば、この組み合わせで書います。

以前のレビュー記事はこちらです。

Leica純正エタスポーチ コーテッド キャンバス

投稿者プロフィール

カメラとduffyが好き
カメラとduffyが好き田舎のカメラ好き
Leica Q2を田舎者が購入しようとしても、Q2もQすらも在庫も展示もどこにも在庫なく、見る事も触れる事も出来ませんでした。
展示品が無いとしても、せめて購入前提で実機を見て触れてから安心して購入したかった。
でも私はLeica Q2を買って良かったと思うので、田舎の仲間にシェアしたい。
ライカQ2の素敵なポイント。
買ってわかった素晴らしい部分をご紹介するブログです。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました