SDカードはUHS-2対応必須

SanDisk-uhs-2

Leica Q2は有効4730万画素の35mmフルサイズセンサーなので、何枚か連続的にシャッター押した直後に電源を切ろうとしても、結構長い時間を待ってないと電源が落ちない事が多々あります。

この待ち時間はセンサーのセルフチェックの場合もある様ですが、連続的なシャッターの後は毎回待たされるので、その場合はセンサーのセルフチェックではなく、SDカードに対する書き込み時間待ちだと思われます。

そこでUHS-2対応のSDXCカード EXTREME Pro を購入して見ました。

無期限保証、読み取り最大300MB/S、書き込み最大260MB/S、128GBの大容量です。

SanDisk-uhs-2

電源を切るときに気にならなくなった

連続撮影した後のSDカードへの書き込み待ち時間はやっぱり残るのですが、多分最初からこのカードなら気にしない程度だったかな?と思います。

参考リンク

私は、現時点で最高速っぽいSDカードが欲しいだけで、容量は明確には決めかねていたのですが、旅行などで荷物を最小限にしたかった(SDカードのサイズですけど)、もし将来動画も撮るとしたら?と思ったり、カメラと同時購入だと割引率が良いので高いSDカードの方が有利かな?と思ったりで、128Gを買いました。

今思えば、64を二枚でも両方に割引が入るなら、利便性として二枚と一枚どっちだったかなあ?ですけど。

私と同じ128Gだとこちら

[amazon asin=”B01N0QZV89″ kw=”サンディスク 高速SDXC UHS-IIメモリーカード(Class 10対応・128GB) 防水仕様 Extreme PRO SDSDXPK-128G-JNJIP “]

この記事が気に入ったらFollow

投稿者プロフィール

カメラとduffyが好き
カメラとduffyが好き田舎のカメラ好き
Leica Q2を田舎者が購入しようとしても、Q2もQすらも在庫も展示もどこにも在庫なく、見る事も触れる事も出来ませんでした。
展示品が無いとしても、せめて購入前提で実機を見て触れてから安心して購入したかった。
でも私はLeica Q2を買って良かったと思うので、田舎の仲間にシェアしたい。
ライカQ2の素敵なポイント。
買ってわかった素晴らしい部分をご紹介するブログです。

SDカードはUHS-2対応必須”へ1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です