ライカ購入までの寄り道1

Leica Q2の話題
買った直後のLeica Q

今回はLeica Q2が欲しいと思った当日にゲットしたので、私がいとも簡単にLeicaを買える裕福な人みたいですが、そうでは無く最初にLeicaに惚れてから、Leicaユーザーになるまでには、かなりの年月が経過してました。

初めてライカを認識した

最初はM型ライカに惹かれ

初めてLeicaに興味を持ったのは、M型Leicaでした。
見た目でグッときました。
M型ライカはレンズ数本もセットして買えば、総額がちょっとした自動車並みになるので躊躇してました。
自動車なら許せる金額もカメラとしては自分には許せない感じ(笑)。

M型ライカも車よりは安いけど

勿論、自動車と価格を比較するなら、自動車は寿命なんて5年から長くても8年くらいで買い替えだし、その使えている間にも車は常に税金、任意保険、オイル交換、車検や定期点検、タイヤ買い替え、タイヤの季節ごとの預かりや脱着費用、駐車場代、自動車ローンの金利、その他諸々と車本体ローン並みに維持費がかさみます。

もしかしたら、5年乗ったら車本体と同じくらい維持管理費用が必要なのでは?って気がします。

つまり車を買うなら、実際のコストは車両価格の2倍くらいですよね。一般人としては負債の中でも代表格なのは、自動車と住宅ですね。

自動車も住宅も資産価値が目減りが速い割に、毎年の費用も沢山出てゆくので、ダブル負債です。

そう考えたらLeica Mを購入しても、車よりも長く一生物的に愛用できるはずだし、その間の維持費はかからないし(細かく言えばAdobeのフォトプランくらい)、車よりもずっと安いお手軽な趣味だとは思います。

でもまあ、デジカメに100万円から200万円のM型はちょっと勇気が入りますし、マニュアルフォーカスこそカメラの醍醐味だと思っても、ちょっと利便性がどうかな?とか。

そもそも一般人的にはカメラにレンズ込みで200万円は自分へのご褒美としても許すのが厳しい気がして。

この気がしてってのが味噌で、車は帰るのにライカは買えないってのは自分で決めているだけなんですけどね。

投稿者プロフィール

カメラとduffyが好き
カメラとduffyが好き田舎のカメラ好き
Leica Q2を田舎者が購入しようとしても、Q2もQすらも在庫も展示もどこにも在庫なく、見る事も触れる事も出来ませんでした。
展示品が無いとしても、せめて購入前提で実機を見て触れてから安心して購入したかった。
でも私はLeica Q2を買って良かったと思うので、田舎の仲間にシェアしたい。
ライカQ2の素敵なポイント。
買ってわかった素晴らしい部分をご紹介するブログです。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました